ホームニュースドバイの仮想資産規制当局がThe Sandboxに本部を設置

ドバイの仮想資産規制当局がThe Sandboxに本部を設置


ドバイのVARA(Virtual Assets Regulatory Authority)は、仮想世界「The Sandbox」にメタバース本部を設置することを発表した。この仮想本部は「MetaHQ」と呼ばれ、The Sandbox仮想世界内の未知の場所に設置される予定です。

「MetaHQ」の立ち上げは、ドバイが仮想資産のハブになろうとする試みの一部です。

ドバイの皇太子でドバイ執行評議会議長のSheikh Hamdan bin Rashid Al Maktoum氏は、WAM通信への声明の中で、次のように述べています。

「メタバースにおける我々の存在は…ドバイ政府の未来への行進における新しい段階の始まりであり、長期的に良い影響を与えるものです。

「MetaHQ」の役割

VARAは、MetaHQの実際の役割について、多くの詳細を提供していません。

しかし、VARAは、仮想本部が以下のような役割を果たすと述べています。

また、消費者や規制当局と知識や経験をオープンに共有し、認知度を高め、安全な導入を可能にし、グローバルな相互運用性を推進します。

この開発は、VARAが3月初めに開始された後、ドバイがいかに速く暗号ハブに変わりつつあるかを示しています。VARAは、UAE、特にドバイにおける仮想資産の法的枠組みと規制システムの進展を支援するために創設されました。

特に、UAEで事業を行おうとする暗号企業は、VARAから暗号ライセンスを取得する必要があります。また、VARAには、UAEの暗号空間におけるアセットマネージャーやカストディアンの活動を規制する任務も課せられています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。