ホームニュースECB、少額デジタルユーロ決済の「AML/CFTチェックの簡素化」に前向きと関係者が発言

ECB、少額デジタルユーロ決済の「AML/CFTチェックの簡素化」に前向きと関係者が発言


ECB理事のFabio Panetta氏の発言は、すべての暗号取引にKYC/AMLチェックを導入する可能性が高いEUの投票まであと1日というところで行われました。

欧州中央銀行は、依然として中央銀行のデジタル通貨(CBDC)、つまりデジタルユーロを検討しています。プロジェクトは進展しており、2020年から協議が行われ、ここ数ヶ月でスピードが上がっています。

重要な懸念事項の1つは、プライバシーの必要性とEUの金融規制およびポリシーの順守との間の「トレードオフ」です。 ECBは規制順守の強化を望んでいますが、当局者は、提案されたデジタルユーロの展開により、ユーザーに「ある程度のプライバシー」を与えることができると立法者に伝えました。

まだ「完全な匿名性」はない

デジタルユーロのユーザーは、KYC(Know-Your-Customer)チェックに準拠するだけでなく、マネーロンダリング防止(AML)規制にも準拠する必要があります。

しかし、小額の支払いに関しては、これらの要件が固まっていない可能性がある、とECBの理事会メンバーであるFabio Panetta氏は水曜日に語っています。

完全な匿名性 公共政策の観点からは実行可能な選択肢ではありません。」とPanetta氏はEU議会の経済通貨委員会にて述べました。

Panetta氏によると、中央銀行のデジタル通貨を使用して完全なプライバシーを許可すると、違法取引のシステムリスクが発生します。

「さらに、投資の一形態としてのデジタルユーロの使用を制限することは事実上不可能になるでしょう。」と彼は付け加えました。

少額決済のための「簡素化されたAML/CFT」

金融の安定を守るためには、匿名取引の禁止が不可欠であるとECB幹部は説明しています。しかし、マネーロンダリング防止とテロ資金調達防止(CFT)の基準から少し離れることができるかもしれません。

より価値の低いオンラインおよびオフラインの支払いについては、より高度なプライバシーを検討することができます」とPanetta氏はスピーチで述べました。 また「これらの支払いは簡素化されたAML/CFTチェックの対象となる可能性がありますが、より価値の高い取引は引き続き標準的な管理の対象となります。」と彼は付け加えました。

ECB当局者の発言は、EUの議員たちが、たとえ少額の取引であっても匿名の暗号決済を排除しようとする提案の投票を翌日に控えています。投票は木曜日に行われる予定です。

もし可決されれば、すべての暗号トランザクションがKYC、AML、CFTのチェックを受けなければならないことになります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。