ホームニュースエルサルバドル、暗号コミットメントのディップを購入

エルサルバドル、暗号コミットメントのディップを購入

ビットコインの価格は今週、3万ドルを割り込みました。この下落のためエルサルバドルはディップを買い上げるチャンスと考えたようです。同国の大統領は紙一重で、この買い上げに加えて、火山のふもとに、完全にビットコインに専念する都市、ビットコインシティの新しい計画を披露しています。

最初のビットコイン国家として知られる南米のエルサルバドルは、最近このビットコイン価格の下落に乗じたと表明しました。具体的には、1コインあたり平均価格30,744ドルで、500BTCを取得し、総額約1540万ドルの価値を得たと発表したのです。これにより、同国での購入総額は約2000ビットコインとなりました。

エルサルバドルはDCAを目指す

今週、暗号通貨市場全体が赤字になり、すべてのトークンが10%以上下落しました。先週の連邦準備制度理事会の政策発表を受けて、市場は引き続き下落しています。さらにビットコインはラテンアメリカの国で法定通貨として承認されました。これは、国際通貨基金(IMF)やその他の国際機関が反対した決定です。

エルサルバドルのインフレ上昇を食い止める取り組みは、2021年9月にBTCを法定通貨として採用したことから始まりました。同国では王様のコインが法定貨幣になると、最も価値のある暗号通貨資産のかなりの部分を獲得しました。ビットコインの取得に関して、エルサルバドルは「ディップを買う」アプローチを取っています。ビットコインの価格が下落すると、大統領は国の準備通貨基金に追加のビットコインを追加することを宣言しています。

エルサルバドルはBTCを法定通貨として採用したため、これまでで最も安く購入することができるのです。Bukele大統領は「本当に安く売っている者もいる」と考えており、現在の市場の売れ行きを考慮すると、ビットコインの普及という長期的な目標を支えています。

エルサルバドルはビットコインに全面的にコミットしている

同国がBTCを公式通貨として採用することを決定したのは、同国の経済を活性化させるために考え出した唯一の動きではありません。Bukele大統領は以前、エルサルバドルを最もビットコインに優しい国にすることが目標であることを示しました。

また最近、同国が待望のビットコイン・ボルカニック債を発売する準備を進めていることが発表されました。この債券から得られる資金は、世界初のビットコインシティを建設するために使用される予定です。しかしこの債券の発売日はすでに何度も延期されています。

エルサルバドルは(まだ)ビットコインを受け入れていない

エルサルバドルの住民がビットコインに切り替えてChivoウォレットを使うことを好まないのも、大統領にとっては不幸なことです。数週間前、同国の住民の60%が、サインアップ時に無料で30ドルを受け取った後、Chivoウォレットをやめたというニュースが流れました。

さらに、エルサルバドルで活動する企業はビットコインの受け入れを急いでおらず、現時点でビットコインでの支払いを提供している企業は全体の20%に過ぎません。以前はBTCを受け入れていた企業も、現在は受け入れておらず、基本に立ち返っているとの報告もあります。

税金に関しても、まだ嵐は来ていないようです。エルサルバドルの全住民のうち、Chivoウォレットを使って税金を支払うことを選択したのはわずか5%です。

この普及率の低さは、ビットコインのボラティリティの高さに加え、Chivoウォレットの使い方が技術的に複雑であることが関係していると思われます。特に高齢者は使いこなすのが難しいようです。

ビットコインシティ

大統領はInstagramにBitcoin Cityの写真を投稿しました。これは火山のすぐ隣に作られる都市になります。目的はすべてビットコインで運営し、エネルギーはほとんど火山から得ることです。

これらの画像を見せる前に、11月21日に共有された図面を見てみましょう。これには都市の形と、ビットコインシティが含む施設が示されています。

Bukele大統領は、このプロジェクト全体のコストは約30万ビットコインと見積もっていました。当時のビットコインレート(前回の史上最高値から数日後)では、153億ユーロというずさんな金額でした。現時点では、その価格は約90億ユーロです。

価格が下落したとはいえ、まだまだ高い額です。この資金調達のためにビットコイン債を発行し、その収益をこのプロジェクトに充当する予定です。このうち半分はマイニングのインフラに、残りの半分はビットコインの購入と保管に使われ流予定です。興味のある方;この債券は9月に発行される予定です。

計画はどのようなものか?

Bukele大統領が共有した写真には、街のモデルが写っており、真ん中に大きなビットコインの正方形がある一種の円です。ビットコインの価格が下落しているにもかかわらず、彼はこれを喜んで共有しています。 「ビットコインシティは美しく見える、空港も。」と語りました。

つまり、ビットコインシティに飛行機で行くことも可能なのです。正式な終了日はまだ発表されていません。メッセージの画像では、とりわけ、街を覆うスタジアムやその他の建物のようなものを見ることができます。

Bukele大統領はTwitterで披露

エルサルバドルは最近、500BTCを3万ドル前後の価格で購入し、ビットコインの蓄えを補充したわけです。この購入により、同国はすでに利益を上げることができ、大統領は自身のTwitterアカウントでそれをためらうことなく披露しています。

Twitterの投稿によると、ビットコインを購入した直後のわずか11時間で、同国の残高は100万ドルに跳ね上がったという。Bukele大統領が取引の成功を自慢する一方で、Twitterユーザーからは、平均購入価格が約4万5000ドルだったため、同国は2000万ドルという途方もない額を減らしているとの報告も寄せられています。Bukele大統領はツイッターでこう述べました。

今すぐこのコインを売って、たった11時間で100万ドル近く儲けることができるのに、もちろんそんなことはしないが。

ビットコインの平均購入価格は高いため、エルサルバドルは最大の暗号通貨の価格が約40%上昇した時点で初めて緑の数字に入ります。9月BTCが約5万ドルで取引されたとき、同国はビットコインの購入を開始しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。