イーサリアムのマイナー、Mergeの影響でイーサリアムクラシックなどに集結

イーサリアムのマイナー、Mergeの影響でイーサリアムクラシックなどに集結

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

2015年の誕生以来、イーサリアムの批判として最も取り上げられているのが、その膨大なエネルギー使用量です。

ビットコインほどではありませんが、それでも世界の電力の0.2%を消費し、暗号通貨全体の電力消費の20%から39%を担っています。(ビットコインは60%から70%を主張)

現在、そして今後、このエネルギー消費は、Mergeの成功により99.95%減少しました。これは驚くべき成果です。

イーサリアムPoWトークンとは何か?

そのため、マイナーはマイニングするための別のコインを探さなければならなりません。しかし、イーサリアムのフォークがProof-of-Workの検証コンセンサスを維持することで、マイニングを続けられるという希望にしがみつく人もいます。

PoWトークンはイーサリアムの保有者にエアドロップで配布され、その価格はここ数日大きく変動しています。ピーク時には60ドルまで上昇し、現在は18ドルで取引されています。

イーサリアムのマイニングはどのように行われるのか?

イーサリアムのマイナーはこれまで、ASICと呼ばれる強力なコンピュータを使用して取引の検証を行ってきました。ステーキングが行われると、その必要がなくなるため彼らの生計には疑問符がつきます。多くの人がマイニングを続けるために他の暗号に乗り換え、その影響は他の暗号のハッシュレートに表れているようです。

ハッシュレートはネットワーク上の計算能力を示す指標であり、重要なセキュリティ指標です。ハッシュレートが高いほど、より多くのマイナーが取引を検証する必要があるため、セキュリティは高くなります。ビットコインの場合、ハッシュレートは先週、過去最高を記録しました。

より指標になりそうな今年について見てみましょう。

これを見ると、今年のハッシュレートは約170EH/sで始まりましたが、現在は200EH/sを超えています。(今週初めには280EH/sを記録)ビットコインの価格が4万ドル台半ばから2万ドル以下に急落しているにもかかわらず、この値を記録しました。

イーサリアムクラシック

しかし、もっと興味深いのは、イーサリアムクラシックで見られるハッシュレートの上昇です。先週は50TH/s程度だったハッシュレートが300TH/s以上と大幅に上昇しています。これはイーサリアムのマイナーが、ビットコインに移行するよりもはるかに簡単な方法で、装置をクラシックバージョンに切り替えたことを示唆しています。

実際、Monero、Ravencoin、Ergoなど、他のコインもハッシュレートが上昇しています。

代替コインに移行していないマイナーは、イーサリアムのPoWの代替コインが定着することに期待を寄せています。そうでなければ、イーサリアムがProof-of-Stakeとなり、マイナーの収入がなくなった今、高価なASICを抱え、実際の使用例もないままになることでしょう。