eToroがAPI3、UMAをリストアップ

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

eToroがAPI3、UMAをリストアップ

By Daniela Kirova - 分読み (ショート)

大手取引・投資プラットフォームeToroは、API3とUMA(Universal Market Access)の上場を発表しました。

API3

[inv-visitoffer = “etoro-crypto”] API3 [/ inv-visit]

API3は、分散型アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)のためのプラットフォームです。API3はプラットフォームのネイティブトークンで、保有者はAPI3 DAOを通じてガバナンスに参加することができます。

API3の目標は、分散型バージョンのAPIを大規模に構築、管理、収益化できるようにすることだとされています。

ブロックチェーン技術が経済においてこれまで以上に大きな役割を果たす中、このプロジェクトの背後にいるチームは、スマートコントラクトが「タイムリーで信頼できる実世界のデータ」を提供することがこれまで以上に重要であると述べています。

このコインは、上場のニュースを受けて上昇しています。公開時、3.40ドルで取引されており、24時間の取引量は3680万ドルでした。CoinMarketCapによると、API3は過去24時間で5.22%上昇しています。

UMA

[inv-visitoffer = “etoro-crypto”] UMA [/ inv-visit]

ユニバーサルマーケットアクセス(UMA)は、ユーザーが実際の資産の価値を追跡するトークンである独自の合成資産を構築できるようにするイーサリアムベースのプロトコルです。 UMAはガバナンストークンであり、プロジェクトの決定に投票するために使用できます。

合成資産は、異なる原資産を表し、同じ価値を持つ資産のクラスです。

UMAを使用すると、ユーザーは、経済的インセンティブによって保護された自己実行型、自己強制型の金融契約を設計および作成し、イーサリアムのブロックチェーンで実行できます。

UMAを使用すると、カウンターパーティは、先物、差金決済(CFD)、トータルリターンスワップなどの実際の金融デリバティブをデジタル化して自動化できます。

UMAは、ブロックチェーン上で合成資産と金融契約を作成するためのプロトコルを開発することにより、金融デリバティブ市場の民主化と分散化を目指しています。

公開時点では、1 UMAは5.50ドルの価値があり、24時間の取引量は9,570万ドルでした。 CoinMarketCapのデータによると、UMAは過去24時間で2.66%増加しています。