Cathie Wood氏も認める、暗号の機関投資家向け採用が減少することについて

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Cathie Wood氏も認める、暗号の機関投資家向け採用が減少することについて

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Cathie Wood氏は、金融機関が暗号から一歩後退する可能性があると述べています。
  • 彼女は暗号空間を研究する時間を取れば、ビットコインとイーサにもっと配分されるだろうと考えています。
  • 私は、暗号産業が打撃を受けてそこから回復するのに時間がかかるかもしれないことについて、彼女は楽観的態度を取っていると思います。

暗号は今、悪い状況にあります。

ここ数週間の出来事で最も気になるのは、この業界の評判が今後どうなっていくかということでしょう。

どのような金融機関がビットコインをバランスシートに載せるのでしょうか。どのような年金基金がデジタル資産に移行しようとしているのでしょうか。FTXの破綻(詳しくはこちら)は、あまりにも有名で衝撃的な出来事だったため、伝統的な金融に関わる人々がこの分野に進出することを期待するのは妄想のように感じられます。このダメージは修復不可能なのでしょうか?

Cathie Wood氏、機関投資家の撤退を示唆

この点、アークインベストの創設者であるCathie Wood氏の先週のブルームバーグとのインタビューは示唆に富んでいると思います。彼女は以前からビットコインに関するあらゆることに超強気な見方で知られており、インタビューの中で、2030年までに1コイン100万ドルの価値になると信じているビットコインの価格予測にさえ、改めて自信を示していたのです。

これは驚きでもなければ、まったく予測できなかったことでもありません。Wood氏は、ビットコインが長期的にマクロの情勢を変えると断言しています。彼女は、新しい金利パラダイムへの移行の中で苦戦しているリスクの高いハイテク株、ビットコイン、その他の資産に賭けて、市場に非常に積極的なポジションをとっているのです。彼女の旗艦ETFのパフォーマンスが以下に示すように:

しかし、私は、彼女のインタビューの中で、他の何かが注目されていると感じました。 「しかし遅れていることの一つに、おそらく機関が一歩下がって、(本当にこのことを理解しているのだろうか)と確認することだと思います。」と彼女は言った。

このことは大きな危険を示唆しています。パンデミックの間中、ビットコインにとって最も強気なことの1つは、機関投資家がこの領域に注ぎ込むという傾向でした。テスラがあり、ETFチャットもありました。グレイスケールがあり、公開マイニング企業もありました。Coinbaseが証券取引所に上場し、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として宣言したこともありました。

しかし、低金利環境が終焉を迎え、流動性が経済から吸い上げられつつある今、ビットコインと暗号はこれまで直面する必要のなかった、より広い経済圏の引き下げという事態に直面しています。

ビットコインは2009年、歴史上最大の強気相場に投入されたことを忘れてはいけません。弱気なマクロ環境の中で試されたことはまだなく、これはすべて前例のないことなのです。この試練に対して、暗号は緊張状態に陥っています。

BlockFi、Celsius、Voyager、Three Arrows Capital、そして今回FTXに加わった他のすべての倒産した企業も暗号を悪いイメージで描いており、アナリストが機関投資家の採用が後退すると警告しているのを聞いても驚くには値しないでしょう。そうでなければ、むしろ驚きではないでしょうか?

楽観論

Wood氏は、ビットコインは「バラの香り」を漂わせる存在になると考えているようです。私に言わせれば、業界全体の評判が落ちているのですから、彼女の言いたいことは分かります。

しかし、ビットコインにはカウンターパーティーリスクがないため、理論的にはFTXのような中央集権的な企業で見られるような崩壊の影響を受けないかもしれませんが、これは現実の世界です。現実の世界では、一般市民がアクセスするためには(金融機関は言うに及ばず)中央集権的な企業が必要なのです。

この業界の強欲、無謀なレバレッジ、ナイーブなリスク管理、完全な詐欺(名前は伏せておきます)がなくならない限り、ビットコインは主流の金融分野で大きな牽引力を得ることはないでしょう。金融機関は、これだけ多くの有名な事件が起きた今、この分野への投資にかなり慎重になっていることでしょう。規制が強化されつつあります。リターンはもはや天井知らずです。

これが、Wood氏がインタビューの後半で述べた楽観的な意見に私が同意しない理由です。

「(金融機関)が実際に下調べをし、ここで何が起こったかを確認したら、彼らはビットコインやイーサを深く理解することで、快適にビットコインに移行することができると思います。」

私にとっては、ビットコインをより理解することは、もはやゼロレートではない環境において、ビットコインが非常にハイリスクな資産として取引され続けていることを理解することでもあります。長期的なビジョンとして、ビットコインは評判の良いインフレヘッジになるかもしれませんが、今はまだそのような状況にはありません。

また、暗号は今年関わったすべての人の口の中に苦い思い出を残しました。FTXは業界にとって最新の恥ずべき出来事であり、世界は自画自賛と同情と嫌悪の入り混じった表情でそれを見守っています。このような背景から、この業界全体の評判は地に堕ちたのです。

金利が上昇し、生活費が高騰し、経済が停滞していることを示すデータが出続ける中、暗号パーティーの再開にはCathie氏が考えるより少し時間がかかるでしょう。