ホームニュースディップに続いて–最近の不振で注目すべきトップ暗号資産

ディップに続いて–最近の不振で注目すべきトップ暗号資産

Crypto Coin on a laptop keyboard

暗号市場はここ2週間ほどで、かなり大きく落ち込んでいます。例えばビットコインは、最近45,000ドルをテストした後、40,00ドルを下回って暴落しており、下降トレンドがいつ収まるかは不明です。しかし、それでも、まだ検討できるまともなディップがあります。その理由は以下の通りです。

  • 現在の落ち込みは、主に地政学的要因によって引き起こされています。

  • 現在のところ、市場には重大な体系的なリスクはありません。

  • 暗号市場は短期的には回復すると予想されています。

したがって、最近の不振の後に来たるべき回復に乗りたいのであれば、以下に注意すべきいくつかの資産があります。

Ethereum(ETH)

Ethereum(ETH)は、2021年の非常に好調な業績の後、2022年に10,000ドルに達すると予測されました。しかし、コインは同じように今年を開始していません。 1月に約2000ドルまで下落した後、今月の初めにある程度の強気の勢いが見られました。


データソース:Tradingview

ある時点で、ETHは4000ドルを超えようとしていましたが、それ以来コインは落ちてきました。プレス時には、2500ドル前後で取引されていましたが、 ETHは近いうちに3200ドルに戻ると予想しているので、チェックするのは素晴らしいことです。

NEAR Protocol(NEAR)

NEAR Protocol(NEAR)のファンダメンタルズは、はっきり言ってかなりまともであることが多いです。しかし、このコインは今本当に出血しており、過去7日間で20%以上損失しています。リバウンドはすぐには来ませんが、いずれは現れるでしょう。NEARは現在8.63ドルで取引されており、その潜在能力を考えると大幅なディスカウントです。

Theta Network(THETA)

Theta Network(THETA)もまた、ウクライナとロシアの緊張にさらされています。このコインは、過去7日間で25%以上下落しました。この弱さはもちろん続きそうですが、市場が回復すれば、まだ多くのアップサイドを得ることができるでしょう。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。