ホームニュースFTMは、Fantom CEOがAnton NellとAndre Cronje退任を「明確化」したことで反発

FTMは、Fantom CEOがAnton NellとAndre Cronje退任を「明確化」したことで反発

Fantom(FTM)は日曜日に16%以上急落し、1.38ドルまで下がりました。分散型金融(DeFi)市場全体にネガティブなセンチメントが広がったためです。

急激な減少は、著名な開発者でありFantomFoundationのアドバイザーであるAnton Nell氏からの予期しないツイートによって引き起こされました。

Andre CronjeとAnton Nell「ショッカー」

Twitterの短いスレッドで、Nell氏は、彼と伝説的なDeFi開発者のAndre Cronje氏が、Fantomエコシステムと全体的な分散型ファイナンス(DeFi)スペースでの将来の取り組みについて決定を下したと述べました。

Nell氏によると、彼とCronje氏はついに暗号開発者として辞任することを決定し、彼らがもはや関与しないであろういくつかのプロジェクトをリストアップしました。

このニュースによってCronje氏と密接に関連するプロジェクトであるYearn.finance(YFI)と並んでFantom(FTM)が急落しました。 YFIは日曜日に10%以上暴落しました。

しかし過去数時間で、両方のトークンがより高く跳ね返り、FTMの価格は2%以上、YFIは+ 6%上昇しました。

Fantomについては、Fantom Foundation CEOのMichael Kong氏が、暗号コミュニティがNell氏のメッセージを誤解している可能性が高いことを「明確にする」声明を発表した後に、上昇に転じました。

Fantomコミュニティを安心させるために、Kong氏は月曜日に次のように述べています。

多くの人が知っているように、Andreと協力しているAntonは、25のプロジェクトを「終了」しているとツイートしましたが、誤解されているようです。彼らは関与を「終了」ていますが、彼らが実行したものはすべて既存のチームに引き渡します。」

FantomとYFIには「数百人の開発者」がいる

Kong氏は、FantomとYearn.financeは、象徴的な開発者が退場しても大丈夫だと、繰り返し述べています。

現在、Fantomのエコシステムには複数のアプリケーションに取り組む「数百人の開発者」がいることを考えると、確かにそうだと彼は考えています。彼によると、これらの開発者は素晴らしい仕事をしており、今回の出来事にもかかわらず、それを続けていくだろうとのことです。

Yearn.financeと言えば、Kong氏は、このプロジェクトは「何年も前から存在している」と述べています。さらに、これまでと同じように作業を続ける既存のチームがあります。

Fantomチェーンの2大プロジェクトであるMultichainとSolidexについても、同じような見解を持っています。YFIと同様、これらのプロジェクトも何年も前から取り組んでいるチームがあり、彼はこれらのプロジェクトや、NellとCronjeに大きく関わるエコシステムの他の多くのプロジェクトが「終了」することはないとコミュニティに断言しました。

Kong氏の視点に共鳴したのは、Year.financeの開発者(仮名:banteg)です。YFIトークンが暴落したとき、この開発者はこうコメントしました。

YFIを葬り去る人々は、Andreが1年以上それに取り組んでいないことを理解しているのでしょうか?仮にそうだとしても、50人のフルタイムと140人のパートタイムの貢献者がいて、物事をバックアップしているのです。」

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。