FTXの崩壊はMetacade(MCADE)のような新参者に道を開くーその理由とは?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

FTXの崩壊はMetacade(MCADE)のような新参者に道を開くーその理由とは?

By Alice Davies - 分読み (ショート)
  • FTX の崩壊により、仮想通貨コミュニティ間の信頼が大きく損なわれました。
  • コミュニティ、分散化、透明性に焦点を当てたプロジェクトが利益を得る可能性が高いです。
  • 新しいプレイして稼ぐコミュニティ ハブである Metacadeは、長寿と安定性を備えたプロジェクトの代表的な例です。

ここ数週間、暗号空間は世界で最も広く認知されている暗号取引所の1つであるFTXの数十億ドル規模の驚くべき破綻によって揺らいでいます。しかし、悪いことばかりではないかもしれません。暗号コミュニティの信頼を回復するために不可欠な透明性と分散化の必要性が、最近再び脚光を浴びているのです。

この記事では、FTXの崩壊が、MCADEのような新しいトークンやMetacadeプラットフォーム全体にとって、実際にプラスになる可能性がある理由を説明します。

FTXに何が起こったのか?

FTXは世界最大の集中型暗号取引所の1つで、500万人以上の顧客にサービスを提供し、2021年には7000億ドルを超える取引量を促進しました。この取引所はSam Bankman-Fried氏によって設立され、彼はFTXと密接な関係を持つ定量取引会社Alameda Researchも経営していました。

11月2日のCoindeskの記事で、Alamedaは約150億ドル相当の資産のうち、FTXのネイティブ・トークンであるFTTを約50億ドル保有していると報告されました。これらのトークンは事実上、無から生み出されたものであるため、FTTの価格が下落した場合、AlamedaひいてはFTXが支払能力を維持できるかが懸念されました。

最初のドミノ倒しは、Changpeng「CZ」Zhao氏が11月6日にBinanceが保有するFTTを売却すると発言したときでした。これが負の投機のデス・スパイラルを引き起こし、FTTの価格を下落させたのです。このため投資家は慌ててFTX取引所から資産を引き揚げ、流動性危機が発生しました。そして11月8日、FTXはすべての引き出しを一時停止したのです。

その結果、FTTの価格は21.8ドルから3.26ドルの安値まで急落し、FTXの資産は壊滅的な打撃を受けました。一方BinanceはFTXを買収する計画を発表しましたが、翌日には撤退したのです。このため、FTXは投資家に返済する資金がなく、結局11月11日に取引所の破産保護を申請することになりました。破産手続きを通じて、FTXは50の大口債権者に30億ドル以上の債務があることが判明し、裁判所が任命した清算人は、FTXの破綻の原因として、深刻な詐欺行為とリスク管理の不備を挙げています。

Metacade(MCADE)とは?

Metacadeは、プレイ・トゥ・アーンゲームのためのナンバーワンの目的地となることを目指すコミュニティハブです。ゲーマー、暗号投資家、開発者、起業家が、芽生えつつあるGameFi業界を探求しながら、つながり、楽しむために行くことができる空間なのです。このプラットフォームでは、最新のトレンドゲームを見たり、レビューを読んだり、最先端のGameFiアルファにアクセスすることができ、プレイ・トゥ・アーンの冒険を最大限に活用することができます。

Metacadeは、ユーザーを第一に考えるコミュニティファーストの理念から、最近注目を集めています。Metacadeの目標はあらゆる段階でユーザー価値を最大化し、ゲームをプレイヤーの手に取り戻すことです。例えばMetacadeはレビューやヒントなどの価値あるコンテンツを投稿した人にMCADEトークンで報酬を与えています。またゲーム開発者間の競争ベースの舞台で、ユーザーがプレイしたいゲームに資金を誘導し、完成したタイトルはMetacadeの仮想アーケードに追加されるMetagrantsスキームも開始されます。

Metacadeの究極の目標は、世界初のプレイヤーが所有するバーチャル・アーケードとなり、従来のコミュニティ・ハブの形成方法に革命を起こすことです。このビジョンを実現するために、Metacadeは開発完了後、分散型自律組織(DAO)になることを計画しています。これはコミュニティに影響を与えるすべての決定が、MCADE保有者の投票にかけられ、プラットフォームの方向性を決定することを意味します。

なぜFTXの崩壊はMetacade(MCADE)にとってポジティブなのだろうか?

これらのことを総合すると、FTXの崩壊がMetacadeのような新しいトークンに道を開く可能性がある理由が見えてきます。この崩壊をドットコムバブルと比較する人もいます。ドットコムバブルは信頼を大きく損なったものの、インターネットベースのビジネスがより持続可能なビジネスモデルを採用するよう促しました。信頼が低いということは、より多くの暗号投資家がMetacadeのような強固な基盤を持つ透明なプロジェクトを求めるということであり、暗号市場にも同じことが起こる可能性が高いです。

例えばMetacadeはトークンの70%をプレセールで提供し、創業者やベンチャーキャピタルの割り当てがないことを明確にしています。またマルチシグネチャウォレットを実装しており、Metacade treasuryからの取引に複数のキーホルダーの署名が必要です。Metacadeのホワイトペーパーにあるように「MCADEとその保有者のために最大のセキュリティを達成することが我々の最優先事項」であり、そのためにブロックチェーン監査のリーダーの1つであるCertikの完全な監査を受けているのです。

また、中央故障点を持たない分散型プロジェクトへのシフトが進むと思われます。MetacadeがDAOになれば、下心を持った一握りの人間ではなく、コミュニティによって意思決定が行われるため、中央集権の弊害に陥る可能性は大幅に低くなるでしょう。

何よりも、利益ではなくユーザーを重視するプロジェクトは、投資家にとってより魅力的なものになる可能性があります。FTXは中央集権的なグループがユーザーではなく利益を優先するとどうなるかという典型的な例であり、Metacadeのようなプロジェクトは、この有害な哲学に対する解毒剤となり得るでしょう。

Metacade(MCADE)はFTX騒動の後、勝者として現れるかもしれない

FTXの崩壊が暗号の将来にどのような影響を与えるかはまだ分かりませんが、規制当局の監視が強化される可能性は高く、Metacadeのようなプロジェクトにとっては悪いことではないのかもしれません。今は信頼が低いので、このような透明性の高いプロジェクトは、世界中の暗号投資家が強く求めている可能性が高いです。

プレイ・トゥ・アーンの急速な成長ペースと、数々の革新的な機能、透明性の高いコミュニティ優先のアプローチを考えると、MetacadeはFTX崩壊後の優れた投資機会のように思えます。MCADEトークンはまだプレセール中で、参加するには絶好の機会です。利益ではなく投資家を第一に考えている新鮮なトークンを探しているなら、今日Metacadeのプレセールをチェックするのが賢明でしょう。

Metacadeのプレセールにはこちらから参加できます。