FTXの債務超過ー暗号の次は?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

FTXの債務超過ー暗号の次は?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

私は、3週間前にビットコインが15,000ドルに向かって急落するのは悪いニュースの一つであると懸念している、という分析を発表しました。

その後、私たちはある出来事を経験したのです。

実際のところ、今回の件については全く予測していませんでした。私の記事は、FTXとは何の関係もありません。そればかりか、過去にBankman-Friedの洞察力についてべた褒めしたことがあるのです。彼の性格を見事に読み違えてしまったようです。

月曜日の朝に発表されたFTXの支払能力の検証では、私はFTXが支払不能になる可能性は極めて低いと考えていました。

また「短期的にビットコインで遊ぶのは、ルーレットに似ている」という古くからの格言を何度も繰り返してきました。

しかし2万ドル前後で推移し、エネルギー危機、高インフレ、地政学的情勢、米国、英国、欧州各国の政変など不吉な要素で溢れる冬に向かう中、リスクは非常に高くなりました。

そして、FTXの崩壊という余計な変数が発生しました。素晴らしいBlack Eyed Peasの言葉を借りれば、「今が下り坂で、後がない」のです。

ディップを買う時なのか?

私はこの質問が好きではありません。理由は2つあります。

第一に、無数に存在するインターネットユーザーのうちの1人である私が、どうやって知ることができるのかということです。先ほども言ったように、ビットコインに短期的に賭けるのは、ルーレットを回すようなものです。赤と黒のどちらに賭けるかは、ビットコインの短期的な動きをどう考えるかと同じように、私の意見も有効でしょう。

2つ目の理由は、この質問が、暗号価格の下落に対する条件反射であることです。この分野の文化から生まれたのだと思います。その中心は人々が過去のサイクルを指摘し、ビットコインが常に戻ってきたことを参照することです。しかし、彼らはあることに気づいていません。

ビットコインは2009年1月に発売され、歴史上最も長く、最も爆発的な強気相場へと突入しました。今年の時点では、もはやそのようなことはありません。フリーマネーはオフになりました。その後、連邦準備制度が歴史的な速さで金利を引き上げ、インフレは70年代以降に見られなかったレベルになっています。

ビットコインがより広い経済の弱気相場を経験したのは、これが初めてです。そのため、すべての賭けが外れているのです。そして現在、5年前の2017年12月よりも低い水準で取引されています。

         

ディップを買って、銀行まで笑いながら向かうなんてことはありえません。上のチャートを見れば、今年どれだけディップがあったかがよくわかるでしょう。これは大変なことです。取引は難しいのです。つまり暗号は不安定なゲームです。ツイッターで見る100倍の利益のスクリーンショットの数だけ、全てを失った人がいるのです。

経済全般から目を離すべきではない

FTXの崩壊は荒唐無稽です。それは、暗号経済全体にとって信じられないほど弱気なものです。しかしFTXは業界の大きなプレーヤーであるため、間違いなく何人かの人を巻き込むことになるでしょう。

より大きなトレンドから目を離してはいけません。暗号は株式市場に追随しています。ビットコインやイーサリアムのようなブルーチップ資産は、コントロールする立場であり、影響を受けるのは株式市場です。そして株式市場は、インフレの読みと連邦準備制度の金利へのアプローチを巡って、前後に揺れているのです。

先月、この株とビットコインの相関がかつてないほど高いことについて書きました。2022年4月、ちょうどこの高金利環境に移行したときに顕著に上昇したのです。

短期的には、このFTXのエピソードを再生する必要があります。このFTXのエピソードは短期的に見ると、波紋が広がり、ニュースが流れて驚きが生まれるでしょう。その後は、株式市場の動向に注目することになります。暗号市場は無慈悲です。それを忘れずに安全に過ごしてください。