Metacade (MCADE) がプレセールで高騰しているため、FTXが破産を申請へ

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Metacade (MCADE) がプレセールで高騰しているため、FTXが破産を申請へ

By Alice Davies - 分読み (ショート)

暗号市場は、世界第2位の暗号取引所であるFTXが米国の裁判所に破産を申請するという最近のニュースによって根底から揺さぶられました。数十人の顧客が資金を引き出した後、FTXのバランスシートに80億ドルのブラックホールが発見され、ライバルであるBinanceからの買収の可能性も挫折し、創業者兼CEOのSam Bankman-Friedに破産を申請する以外の選択肢は残されていませんでした。

市場を襲ったこの最新の打撃にもかかわらず、Metacadeはその価値を維持し、プレセールで急騰しそうです。

Metacadeとは?

Metacadeは、Web3.0に登場した最初のコミュニティ主導のゲームセンターです。ゲーム愛好家が集まり、最新のP2E(Play-to-Earn)タイトルをプレイしながら交流できる場所です。投資家、ゲーマー、開発者のすべてに何かを提供し、メタバースにおける主要なGameFiプラットフォームとなることを計画しています。

エコシステム全体はMCADEコインによって支えられており、このコインはプラットフォーム内で使用、ステーク、および獲得することができます。P2Eのゲーム体験だけでなく、ユーザーは他のいくつかの方法でコミュニティに貢献することができ、その都度報酬を得ることができます。以下はその一例です。

  • ソーシャルスペースでの知識共有
  • ゲームのバックテスト
  • 開発者へのフィードバック
  • ゲームレビューの執筆
  • 定期的な賞品抽選

Metacadeの最大の目的は完全に自律的なコミュニティ所有のスペースを作り出すことであり、メンバーはプラットフォームの決定を完全にコントロールできる一方、Web 3.0 GameFiスペースで最も深いタイトルの一つを提供し、ユーザーが何度も戻ってくるようにすることです。

Metacadeはなぜ違うのか?

Metacadeのロードマップはホワイトペーパー見ることができますが、GameFiの競合他社とは異なるいくつかの側面があります。最も明白なのは、開発者が新しいタイトルを作成するにつれて継続的に進化する膨大なタイトルカタログです。他のゲームプラットフォームとは異なり、Metacadeは会員の興味を維持するために、1つまたは限られた数のタイトルに依存することはないのです。

また、ベンチャーキャピタルからの出資を受けず、純粋にゲームに興味のある方々のみにご参加いただいています。MCADEのプレセールは誰でも参加できるため、MCADEが市場に出た場合において、そのコミュニティーのメンバーは価値の上昇から最も大きな恩恵を受けることができます。

これはゲームの力をビデオゲームに最も関心を持つ人々の手に取り戻すだけではありません。独自の自給自足経済により、MCADEトークンはゲーム内の報酬、コンテスト、賞金抽選、賭け金、コミュニティへの参加を通じてユーザーに還元される予定です。さらに広告、有料ゲームセンター、求人情報などを通じて、ゲーム内に追加収益がもたらされます。

このコミュニティ・アプローチは、Metacadeのロードマップのあらゆる部分の中心にあります。開発者が自分のアイデアを実現するためのハブであり、メンバーが投票しプラットフォームが配布するMetagrantsを通じて、コミュニティが承認した資金を得ることができます。さらにGameFiスペースでキャリアを築きたい人は、Web3.0業界の大手企業のさまざまな求人に応募することができます。

MCADEが急騰する理由

FTXの暴落は投資家や市場に大きな不安をもたらしましたが、特に失われた流動性と時価総額のレベルを考えると、まだ取引所に上場していない暗号通貨は暴落の最悪の影響から免れることができたと言えます。

これはプラットフォームの明確な長寿の可能性とともに、ユーザーがWeb 3.0でやりたいと思うことの多くを達成できるプラットフォームであるという点で、メタバース世界では稀有な存在です。

プレセール完了後の時価総額は2800万ドル程度になりそうです。これは50億ドル以上のピークを達成したThe SandboxやDecentralandといった競合他社に比べてはるかに小さいものです。これはMCADEトークンがいかに大きな可能性を秘めているかを物語っています。さらにプレセールが完了すると、時価総額は約 2,800 万ドルになる可能性があります。これによってThe Sandbox や Decentralandなど、ピーク時で 50 億ドル以上を達成した競合他社よりもはるかに小さくなっています。つまり、MCADEトークンがどれだけ成長する可能性があるかを示しています。

プレセールでMCADEを購入

MCADEの初期投資家は、売却することを選択した場合にその資金を回収した上でプリセールを終了します。プレセールのオープニングラウンドでは、1ドルで125MCADEを手に入れることができます。9回のラウンドでは1ドルの投資に対して最終的に50MCADEまで価値が上がるでしょう。これはすでに魅力的な展望となっています。

FTXの暴落による市場の不安定さを考慮しても、プラットフォームの豊かな可能性と市場投入までのルートで緊密に結びついた例外性がMetacadeに過小評価されているように感じられるのです。これらのことからMetacadeは今年のバーゲン投資となる可能性があります。

Metacadeのプリセールにはこちらから参加できます。