ホームニュース2023年に可能なグローバル暗号通貨規制

2023年に可能なグローバル暗号通貨規制

Sanne Moonemans

2023年までに世界中の暗号市場に同じルールが適用される可能性がある、少なくともそう示唆するのは、世界的な金融監視機関である証券監督者国際機構(IOSCO)の会長のAshley Alder氏です。

グローバルな金融の番人

IOSCOは、グローバル市場を規制する組織のパートナーシップです。メンバーは通常、国家安全保障および/または先物規制当局または国の主要な金融規制当局です。 AFMは、オランダを代表するIOSCOのメンバーです。マドリッドを拠点とするこの組織には、100か国以上からのメンバーがおり、市場の95%以上を規制しています。

AFMによれば、IOSCOは国際的な「証券市場の標準設定機関」です。つまり証券市場の監督に関して、地域や国の監督当局の出発点となる一般原則に合意しています。

気候、コロナ、暗号通貨

ロイターの記事によると、Alder氏は、暗号分野が成長してことから、本当はIOSCOの対象にもなるべきだと述べています。なんということでしょう。彼は暗号を3つのCの一部と呼んでいます。

  • COVID-19(新型コロナウイルス感染症)

  • 気候

  • 暗号通貨

「しかし、今では3つのC(COVID、気候、暗号)の1つとして捉えられており、非常に重要なものだと考えています。そのため、来年も同じ時期になるとは思っていません。対処すべきリスクを見れば、それはたくさんあり、制度レベルの協議では、これに対する懸念の壁があります。」とAlder氏は述べました。

ちなみにAlder氏は、IOSCOの会長のほか、香港の金融監視機関のCEOも兼任しています。

透明性の欠如

5月12日木曜日にOMFIFシンクタンクでオンラインで講演したAlder氏は、共同暗号規制の動機は、サイバーセキュリティ、運用の回復力、暗号セクターの透明性の欠如に関する懸念から生じていると述べました。

当局者はまた、気候金融などの他の新興セクターもそれを必要としているため、暗号通貨規制機関が必要であると付け加えました。

一貫性がない

ほぼすべての国が独自の規制を設けており、隣国との整合性はあまりなく、規制の統一性は世界のどこにも見当たりません。しかし、特に政治家が規制を求めるのは明らかで、最終的に振り回す棒を手に入れたり、暗号の成り行きに任せる理由を手に入れたりするためです。

暗号に優しい国もあれば、敵対的な態度をとる国もありますが、白黒はっきりさせることはできません。ユーザーにとっては非常に良い国でも、暗号企業にとっては悪い国もありますし、その逆もまた然りです。

各国にプレッシャーを与える

さらに、主権国家の法律やルールについて、自分たちが何か言えると思っているグローバルな組織も存在します。国際通貨基金(International Monetary Fund)は、主に支援を必要とする発展途上国に圧力をかけ、反暗号政策を採用させています。IOSCOは、主権国家の市場に影響を与えようとする次の世界的組織になるようです。

彼らが一体何を望んでいて、どのようにアプローチしようとしているのかは、まだ明確ではありません。IMFの提案する政策を無視することを願っています。規制のためのグローバルな枠組みがない中、IMFは12月に暗号通貨のグローバルな規制アプローチを設定するためのガイドラインを発行しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。