ホームニュースゴールドマン・サックス証券、初の店頭暗号取引に成功

ゴールドマン・サックス証券、初の店頭暗号取引に成功

ゴールドマンの店頭暗号取引は、マイケル・ノヴォグラッツ氏のGalaxy Digital Holdingsが進行役を務めました。

ゴールドマン・サックスは、成長する暗号オプション市場に飛び込む最初の米国の大手銀行として、最初の店頭暗号デリバティブ取引を完了したと言われています。

この開発は月曜日に明らかになり、銀行は現金で決済されるBTCデリバティブの種類を特徴とする最初のOTC暗号トレードを行ったことがわかりました。

CNBCの報告によると、ゴールドマンはGalaxy Digitalと組み、ノン・デリバラブル・ビットコイン・オプションを成功裏に実行しました。

SkyBridge CapitalのAnthony Scaramucci氏は、Galaxy Digitalが最初のOTC暗号取引を処理するのにも役立ったと指摘しています。

暗号は資産クラスとして成熟

ゴールドマン・サックスは、すでに顧客に対してノンデリバラブル・フォワードや取引所取引オプションへのアクセスを許可しており、今回が初めてではありません。

ただし、OTC取引は、機関投資家からの暗号投資商品への関心の高まりを浮き彫りにする「最初の大きな動き」です。また、従来の金融がデジタル資産に対する感情の反転を示し続けているためにも起こります。

ゴールドマンのアジア太平洋地域デジタル資産担当責任者であるMax Minton氏は声明で、この取引は資産クラスとしての暗号が成熟していることを示す指標であると述べました。そして、今回のOTC取引は、デジタル資産に関する同行の全体的な計画にとって重要なマイルストーンになると指摘し、暗号オプション市場を中心に展開することを明らかにしています。

Galaxyの共同社長であるDamien Vanderwilt氏は、ゴールドマンのビットコイン暗号OTC取引は、主要銀行の関与の第一歩であり、クライアントは「暗号市場へのより直接的でカスタマイズ可能なエクスポージャー」の恩恵を受けるように設定されていると述べました。

ビットコインやその他の暗号資産は、レガシー金融機関を含む主流の投資家からの最初の無関心の後、引き続き大きな関心を集めています。

今日、いくつかの大手銀行、ヘッジファンド、基金、ファミリーオフィス、ソブリンウェルスファンドは、ポートフォリオの一部として暗号を使用しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。