9ヶ月で最大の暗号ラリーで5億ドルの空売りが清算された

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

9ヶ月で最大の暗号ラリーで5億ドルの空売りが清算された

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 暗号通貨時価総額が9ヶ月ぶりの大暴騰で1兆円超に回復しました。
  • 週末に5億ドルの空売りが清算され、過去3か月で最多となりました。
  • ビットコインは21,000ドルを超え、イーサリアムは1,500ドルを超え、アルトコインも高騰しています。
  • 強力なバウンスにもかかわらず、2021年11月に約3兆ドルのピークを迎えた市場は65%近く減少しています。
  • ビットコインのベアマーケットドローダウンは77%に達していますが、トレーダーはこれが短期的な救済ラリーに過ぎない可能性を警戒しています。

週末に数時間、暗号のチャートを見ると2020年に戻ったような気がしました。

COVIDはバックミラーに消えていくかもしれませんが、暗号の価格もそうでした。私は先週、いくつかのオンチェーンデータを深く掘り下げ、2022年が投資家にとっていかに過酷であったかを示しました。ビットコインの百万長者が73%減少し、暗号市場全体では2兆ドルのドローダウン、様々なスキャンダルによって泥の中に引きずり込まれた評判がありました。

今週のcoinjournal.netのデータを見ると、仮想通貨投資家にとってはもう少し楽観的です。

5億ドルの空売りが清算された

週末には少し休息がもたらされました。ビットコインはこの9カ月で最も強い上昇を見せ、市場を驚かせ、21,000ドルを超えて上方にブレイクしたのです。

Coinglassのデータを見ると、この週末に清算された空売りは5億ドル以上ありました。下のチャートはこれらの清算の程度を示しており、11月初旬にFTXが崩壊したときのロングの清算とほぼ一致しています。

暗号化市場、1兆ドルの大台を回復

デジタル資産のバウンスは、予想を上回るソフトなインフレデータを受けたものです。インフレがピークに達したかもしれないというこの楽観的な見方により、投資家は連邦準備制度理事会が高金利政策を従来の予想よりも早くピボットオフする可能性に賭けるようになりました。

ご存知のように、高金利は市場から流動性を吸い上げ、リスク資産を軒並み苦しめています。暗号はこうした高リスク資産の一つとして取引されているため、連邦準備制度理事会がこの金融引き締め政策を実施すると価格が暴落し、そのため暗号取引所はロングトレーダーに対してあまり親切でなかったようです。

2023年はインフレが本当にピークに達したのであれば、トンネルの先に光が見えるかもしれないという希望をもたらしました。その結果、暗号市場は1兆ドルの時価総額を回復するまでに急成長したのです。3兆ドル近い史上最高値にはまだ遠く及ばないですが、ビットコインは2万1000ドル、Etherは1500ドルと、FTXスキャンダル以前からのコンビの最高値を記録しています。

暗号市場は底を打ったのか?

現在投資家が直面している顕著な疑問は、これが単なる短期的な救済ラリーなのか、それとも底打ちしたのか、ということです。

市場の多くの疑問と同様にマクロが鍵を握っています。

CoinJournalのディレクター、Max Coupland氏は「ここ数カ月、インフレに関してよりポジティブな環境の指標をもたらしたことは間違いなく、中国経済再開の後押しもありました。」と述べています。

しかし、投資家がFRBが予想より早く利上げに踏み切ると思い込んでいないか心配です。(FRB議長の)Jerome Powell氏は、インフレがしっかりコントロールされるまで利下げはしないと頑強に主張しており、目標の2%にはまだ程遠く、ウクライナでのロシアの戦争などの不確実性はまだ非常に予測不可能なものとして迫っています。

底打ちを想定した(非常に)仮想のゲームをしてみましょう。そうすると弱気相場は13ヶ月となり、ビットコインのピークからスルーまでのドローダウンは77%となります。

歴史的に見れば、歴代3位の引き際となります。ただし、それはあくまでパーセンテージでの話でしょう。今日の暗号市場は過去数年とは大きく異なり、資本の一掃の規模は別次元、正確には2兆円以上です。

弱気市場の長さと規模は、私たちが後期にいることを示唆しているかもしれませんが、暗号に関しては過去のデータは信頼できる外挿ができないのです。ビットコインが主流資産としてブレイクしたのはここ数年であり、それ以前の期間は流動性が低く、ニッチな投資家層が中心でした。

今日、我々はまた前例のないマクロ環境に直面していますー猛烈なインフレ、ビットコインの歴史で初めての高金利、そしてビットコインが発明されたのと同じ年である2008年のクラッシュ以来、広く経済における弱気相場です。

LUNA、Celsius、FTXの崩壊とボードエコノミーにおける高金利への移行を前に、この9ヶ月で最も強力なサージが発生したことになります。

しかしインフレは依然高止まりしており、欧州では戦争が進行中で、その他無数のマクロ変数が揺れ動いているため市場全体にとって前途は多難なままです。今週は良いニュースが続いていますが、まだ安心するには早いでしょう。

カレンダーの次のマークはいつでしょうか?2月1日に開催される重要なFOMCで、連邦準備制度理事会は最新の金利政策を決定する予定です。

私たちのデータを使用する場合は、 https://coinjournal.netへのリンクをいただければ幸いです。リンクを貼っていただくことで、データ解析の研究を継続的に提供することができます。

調査方法

清算データはCoinglass経由。価格データはYahoo Financeより。その他のデータはCoinJournal経由。