ホームニュースHashstack Financeが100万ドルのシードラウンドをクローズ

Hashstack Financeが100万ドルのシードラウンドをクローズ

Hashstack Financeは、100万ドルの資金調達ラウンドの完了を発表しました。これは、オープンプロトコルテストネットの立ち上げ直後に行われたもので、プレスリリースにて報告されています。

新しい才能とオープンプロトコル開発に投資された資金

Hashstackはその資金を使って才能を引き付け、オープンプロトコルの開発を続け、コミュニティを成長させます。

ラウンドに参加する有名な投資家の中には、GHAF Capital Partners、Kane & Rao Group、Moonrock Capital、Nimrod Lehavi、Chainridge Capital、MarketAcrossがあります。

Hashstack Financeの創設者であるVinay氏は次のようにコメントしています。

DeFiに担保不足をもたらすことは、Hashstackでの私たちの使命にとって非常に重要です。私たちは、このエコシステムで最も賢い資金に支えられていることに感謝しています。調達した資金は、人材獲得、製品開発、成長のために活用されます。

Kane&RaoGroupのゼネラルパートナーであるKevin Kurian氏は次のように付け加えました。

資産から最大の価値を引き出すことは、どの市場でも不可欠です。 Hashstackは、市場がこれまで実際に見たことのないソリューションを提供します。私たちは、VinayとHashstackのチームを資本面で支援し、この新しいアイデアを実現させました。

担保比率1:3まで対応可能な唯一の商品

HashstackのOpen Protocolは、DeFiの中で唯一、非保証人で担保不足のローンを担保比率1:3まで可能にする自律型レンディング・ソリューションです。

これは、担保として200ドルのみを提供することで、最大600ドルを借りることができることを意味します。このうち、プラットフォーム取引で460ドルを使用しながら、140ドル(つまり、最大70%の担保)を引き出すことができます。

オープンプロトコルは、取引資本、個人的な現金の必要性、またはIDOへのレバレッジ投資のために借りる必要があるかどうかに関係なく、担保が不足しているローンをすぐに提供できます。

SimplexのCEOであるNimrod Lehavi氏は次のように述べています。

DeFi貸付は、その転換点にあります。 Hashstackは担保不足のローンを促進するために、チェーン上のクレジットスコアの必要性を賢く回避します。Hashstackは、レイヤー3イネーブラーソリューションのパイオニアの1つになる可能性があります。

DeFi融資の成長を加速するための3つのアプローチ

オープンプロトコルは、DeFiエコシステムから非効率性を排除するための次のアプローチに適用されます。

  • 貸付および取引資本の提供による利用可能な資産の多様化による効果的な資産活用
  • 預金/ローンのAPYおよびAPRと、最小コミットメント期間(MCP)の区分化を明確化
  • 担保不足のローン

GHAF Capital PartnersのFeras El Sadek氏は以下のようにコメントしています。

Hashstackを含むすべての会社は私たちにとって大きな価値を持っています。私たちGhaf Capitalは、Hashstackを暗号エコシステムの不可欠な歯車と見なし、ブロックチェーンスペースを主流にするための主要な問題を解決し、世界中の何十億もの人々が暗号にアクセスして手頃な価格で利用できるようにすることを非常に楽しみにしています。

私は個人的に、彼らがブロックチェーンの世界のシステム全体に価値を付加するためにどのように推進しているかを賞賛しています。私たちGhafCapital Partnersは、その意味で同様の価値観を持っています。私たちは常に新興企業にもっと多くのことをし、彼らの成長を継続的に支援するように働きかけています。他の人が私たちの会社の使命の一部であるのを見るのは素晴らしいことです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。