ホームニュースHBAR、5,000万ドルのフィンテック・ファンドを設立

HBAR、5,000万ドルのフィンテック・ファンドを設立

Hedera HBAR Coin Logo

HBAR財団は、フィンテック企業がHederaのスピード、コスト、安定性、カーボンネガティブフットプリントを活用して、本質的な新しい金融商品やサービスを生み出すことを奨励するために、5000万ドルのフィンテックおよび決済基金を立ち上げたことを、CoinJournalはプレスリリースから知りました。

メインストリームのフィンテックのギャップに対応

KPMGによると、2021年を通じて暗号技術への巨額の投資が2020年の54億ドルから300億ドル以上に5倍以上増加したにもかかわらず、分散型技術は主流のフィンテックセクターのわずかなユースケースのままです。

HBAR財団は、Hederaがこのギャップに対処するために独自に配置されていると信じています。新しいファンドは、金融技術革新の新しい波を解き放ち、Hederaの金融サービスインフラストラクチャへの統合を促進することを目的としています。

インテグレーションの提案受付を開始

本日より、HBAR Foundationは、Hederaに焦点を当てたフィンテック統合の提案を求めており、主要なユースケースの財務および支払いアプリケーションをサポートしています。優先分野には、CBDC、ステーブルコイン、送金、支払いおよびマイクロペイメントサービス、資産のトークン化が含まれます。

トークン化された資産の安定化

当財団は、発行者、技術提供者、規制当局を対象に、新興のトークン資産クラスの形成と安定化を支援するためのリソースを提供します。特にオープンソースプロジェクトに関しては、モジュラー型、APIファーストのアプローチを優先して資金を提供する予定です。

HBAR Foundationの最高経営責任者であるShayne Higdon氏は、次のように述べています。

分散型ネットワークは、フィンテックの構築者にとって明らかに魅力的ですが、技術的、コスト的、構造的な障害が、今日の技術革新の妨げになっています。私たちは、Hederaが、高速ネットワーク、ほぼ即時のファイナリティ、セキュリティ、信頼性といった特徴により、世界のフィンテック分野を破壊するユニークなポジションにあると信じています。私たちの新しいフィンテック・決済ファンドは、フィンテック企業がCBDC、安定コイン、決済、資産のトークン化などの分野でHederaの利点を探求することをさらに魅力的なものにします。

低くて予測可能な手数料と高い取引率

Hederaネットワークは、大量の取引、マイクロペイメント、デジタル資産の鋳造に適した低く予測可能な手数料を提供し、同時に最も高性能でカーボンニュートラルな分散型ネットワークの一つでもあります。

Hederaのハッシュグラフ技術は、従来の決済レールが平均して1,700TPSを処理するのに対し、毎秒1万件のトランザクションを処理することができます。

小売店の顧客は数秒で海外送金を行うことができ、小売店の店員は店頭で商品代金を支払う際にクーポンを検証することができます。スマートコントラクトを使用した場合でも、HederaのEVMはイーサリアムメインネットより数段高速です。

Hedera NFTトークンのフレームワークは、分数性、ロイヤリティ支払いをサポートするカスタムフィー、メタデータサポートなどの機能を備え、「実世界の金融」のニーズをカバーするのに十分な高度な機能を備えています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。