ホームニュースHCXとPortal、ビットコインブロックチェーン上でIPO前企業のトークン化を支援

HCXとPortal、ビットコインブロックチェーン上でIPO前企業のトークン化を支援

ビットコインで構築されたクロスチェーンレイヤー2DEXネットワークであるPortalは、プレスリリースを通じて、High Circle Venturesのブロックチェーンベースの資産市場HighCircleXと協力し、IPO前の企業がビットコインブロックチェーン上で株式をトークン化することを促進すると発表しています。

このコラボレーションは、IPO前の企業が非公開で株式をトークン化し、流動性の低い資産に流動性の提供を生み出すという、これまでにない機会を提供するものです。さらに、企業は、Portalがビットコイン・ブロックチェーン上に構築することを想定している「多くのアプリケーションの層」から引き続き利益を得ることができます。

Klarna、SpaceX、Automation Anywhere、Epic Games、Cross River Bankなど、最も望まれるIPO前の企業のいくつかは、その所有権をトークン化し、連携の下で取引できるようにすると、プレスリリースには書かれています。

この提携は、実世界のユースケースをビットコインに取り入れるというPortalのビジョンを達成するための重要な突破口となります。

Portalの執行会長であるChandra Duggirala博士は、より多くの金融資産をブロックチェーンにトークン化する道を開くと述べ、今回の提携の重要性を説明しました。

「これらの資産はビットコインのような無記名資産ではありませんが、認定投資家の基準を満たすユーザーがシンプルなインターフェースでデジタル資産の証券と非証券のデジタル資産の両方を利用できることは、ビットコインのエコシステムと主流の金融の統合の始まりを示しています。」

これは、多くの異なる取引所やアプリケーションにまたがる流動性の断片化という問題をさらに解決することになるだろうと彼は付け加えました。

HighcircleXのCEOであるHemanth Golla氏は、このパートナーシップについて、次のようにコメントしています。

「HCXは、投資家がプライベート・エクイティに投資することを容易にするものです。会員には、最もホットな企業の株式の小数所有権に即座にアクセスできるようにします。私たちは、トークン化とそれに伴う高速で簡単な取引可能性が、この市場を大きく開放し、拡大させると信じています。」

Portalユーザーの場合、このパートナーシップにより、トークン化された証券と証券以外のデジタル資産の両方に1つのウォレットからシームレスにアクセスできます。一方、HCXの場合、パートナーシップにより、非流動性、ロックイン期間、価値の不確実性など、民間市場に固有の制限を排除し、利用可能な投資家ベースを増やすことができます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。