ホームニュースハイライト 4月5日:大手ビットコインマイナーの買収に前向きな姿勢

ハイライト 4月5日:大手ビットコインマイナーの買収に前向きな姿勢

今日、暗号市場全体はまちまちでした。最大のビットコインマイニング会社であるMarathon Digital HoldingsのCEOであるFred Thiel氏は、価格が適切であれば買収を受け入れると述べました。

ハウスメーカーは、UK100にとって他の点では問題のない日であった昨日に輝いていました。

トップクリプト

Solanaは過去24時間で2%以上下落し、ほとんどの主要暗号は小幅な上昇または下落を記録しました。ビットコインは本稿執筆時点で46,700ドルのすぐ上で取引されており、過去24時間で1%以上上昇しました。

Dogecoinは5%上昇しました。イーロン・マスクが29億ドル相当のTwitter株の9.2%を購入したことで話題になったときはたいてい上昇するようです。その結果、彼はソーシャルメディア大手の筆頭株主となり、株価は27%上昇しました。

トップムーバー

ここ数日のトップムーバーは、反転上昇を遂げています。Wavesは22%、Zilliqaは10%、Stepnは-6%の下落です。他方、Celoは20%増、Minaは8%増、Oasis Networkは6%増となりました。

Celoは、昨日バルセロナで始まったグローバルネットワーキングイベント「Celo Connect」以降、上昇を続けています。

分散型音楽共有エコシステムのAudiusは、デンバー近郊の象徴的なRed Rocks AmphitheaterをAudio Amphitheaterに改名するニュースで上昇しています。そのネイティブコインAUDIOは今日、その価値を12%上昇させました。

トレンド

En-Tan-MoのトークンETMは、過去24時間で373%上昇しました。自らを次世代パブリックブロックチェーンプロジェクトと説明し、SHD完全性を実装し、価値移転とナッシュ均衡の概念に基づくとされています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。