ユーティリティトークンMetacade(MCADE)は、Aave(AAVE)やEnjin(ENJ)とどう違うのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ユーティリティトークンMetacade(MCADE)は、Aave(AAVE)やEnjin(ENJ)とどう違うのか?

By Alice Davies - 分読み (ショート)

暗号通貨トークンは非常に種類が多く、どれを選べばいいのか混乱することがあります。MetacadeプラットフォームにおけるMCADEトークンの可能性については、これがメタバースゲームにどのような革命をもたらすかを検討する価値があります。そして、AAVEやENJトークンとの比較も見てみましょう。

Metacadeー最高の投資機会

Metacadeは単なるメタバースプロジェクトではなく、多くのマネタイズの機会を持つコミュニティ主導のゲームハブです。このためプラットフォームのネイティブMCADEトークンは、暗号投資家にとって良い分散投資の選択肢となっています。Metacadeのメタバース、プレイ・トゥ・アーンのゲーム、コミュニティ活動の独創的なブレンドは、そのMCADEトークンを際立った投資機会にしています。

それがもたらす機会を理解するために、MCADEの今後のプレセールについて考えてみましょう。わずか0.008ドルから始まり0.020ドルまで上昇する14億のトークンにより、MCADEトークンの発売はその可能性を認識し、早期に関与する投資家に報いるように設計されています。Metacadeの将来性を十分に理解するために他のトークンと比較し、それらのモデルとの違いや改善点を見てみましょう。

AAVEやENJ保有者がMetacadeに投資を始める

Metacadeプロジェクトは、すでにAAVEやENJトークンのようなものを保有している人を含む多くの投資家の関心を集めています。その理由は以下の通りです。

Aaveはオープンソースの流動性プロトコルで、ユーザーは資産を預けたり、出資したり、借りたりすることができます。またAAVEトークンは、コミュニティが自分たちに影響を与える意思決定に投票するために使用されます。現在85ドル以上で推移しており、一時は666ドルにも達しています。

ENJは、ゲームコミュニティを支援するために2009年に設立されたEnjinプロトコルで使用されるトークンです。イーサリアムブロックチェーン上のERC-20トークンで、ゲームをプレイすることで獲得でき、ゲームプラットフォームでのアイテム購入の支払いに利用できます。今回の価格履歴は最大で4.85ドル以上、現在の価値は0.50ドル弱と控えめです。

これらのトークンは一定の人気を得ていますが、Metacadeプロジェクトの登場により、これらAaveとEnjinの保有者はポートフォリオに加えることを検討する別の選択肢を得ることになりました。

Metacadeとは?

Metacadeは、没入型アーケードゲームへのアクセスを提供し、プレイヤーにその空間に対する所有感を与える、革新的な新しいメタバースプロジェクトです。志を同じくするゲーマー、暗号投資家、開発者をリアルタイムで結びつけるプラットフォームとして、Metacadeはメタバースにおいて大きな役割を果たすと期待されます。

Web3では、多くのプロジェクトが1つか2つのゲームタイトルにしか焦点を当てていませんが、Metacadeは、プレイヤーにアーケード全体を楽しんでもらうことを提案しています。ここでは、プレイ・トゥ・アーンのゲームに参加し、開発者とつながり、人々が実際にプレイしたいと思う新しいゲームを作ることができるのです!

Web3コミュニティとメタバースゲームハブの一部として、トークノミクスモデルは、ネイティブコインMCADEを介して自立した生態系を促進します。MCADEでは、ユーザーがどのようなゲームが開発されるのか、Metacadeの将来はどうなるのかを決定します。ユーザーは追加収入を得るために、トークンを賭け、ゲームのテストに参加してコミュニティの関与に対して報酬を受けることもできます。またMetacadeは、ゲーム開発者に資金源となるMetagrantsを提供し、プラットフォーム向けのゲーム制作の報酬とします。

プレセールでは、14億のMCADEトークンの供給が行われています。初期価格を低く設定したのは初期段階での投資家の参加に報いるためであり、時間の経過とともに価格が上昇することを期待しています。そして収益モデルは、需要の増加に伴い、利益を維持しトークンの価値上昇を支援するように設計されています。

MetacadeはAAVEとENJを超えるか?

暗号通貨シーンで次に何が起こるかを予測することは難しく、あるトークンが一定の価値に到達することを保証することは不可能です。 しかし私たちが判断できるのは新しいプロジェクトがその価値を高め、市場にある他のトークンを追い越す可能性があるかどうかということです。

Metacadeの場合、プレセールの話題性からヒットしそうな気がします。このプロジェクトのロードマップを見ると、2022年末のプレセールに続いて2023年初頭には様々なトップ取引所にトークンが上場されるという、次のいくつかのステージが明確に記されていることがわかります。これらを見ると、AAVEやENJを射抜く可能性があるMCADEに目が釘付けになるでしょう。

Metacadeは長期投資?

Metacadeは確かなコンセプトと頑丈なエコシステム、そして献身的なチームが背後にあるトークンです。2022年に暗号市場が低迷しているにもかかわらず、Metacadeのようなメタバースプロジェクトは確かな将来性を持っており、賢明な長期投資となっています。

Metacadeの場合、開発者はメタバース、ゲーム、暗号通貨投資のすべてを巧みに組み合わせて設計しています。Web3コミュニティが成長し人々が仮想世界に慣れるにつれてこれらの活動への関心は高まり、Metacadeは将来的にメタバースの中心的な存在になることが予想されます。

デジタル通貨はインフレ対策や投資ポートフォリオの多様化など、さまざまな面で価値があることを心に留めておくとよいでしょう。現在、世界はあらゆる種類の政治的不安と金融の混乱に見舞われており、人々が自分のお金のための安全な避難所のようなものとしてこれらのトークンに目を向ける理由を理解するのは簡単です。Metacadeに限って言えば、2023年初頭に主要取引所に上場された後、採用されたモデルによってMCADEトークンの強度と価値が高まることは間違いなさそうです。

Metacade、AAVE、ENJーどれを買うべき?

この3つのトークンはそれぞれ異なることを行い、異なるエバンジェリストがいます。それぞれの機能とそれを取り巻く現在のエコシステムをマクロに捉えれば、メタバースゲームプロジェクトであるMetacadeが現在最も投資対象として推奨されていると言えます。AAVEとENJコインは、共に初期の期待に応えられませんでしたが、より良いエコシステムと新鮮なアプローチを提供しています。

ホワイトペーパーに記載されている強力なコミュニティ、重要なパートナーシップ、インセンティブは、MCADEがローンチ後に力強いスタートを切ることを示唆しています。初期投資家は主要取引所に上場された後、プレセールの購入がすぐにリターンをもたらすことを期待していることでしょう。

Metacadeは購入する価値があるのか?

これらすべての情報は、Metacadeが強力な理由をもとに購入すべきだという答えを示しています。

暗号通貨市場は、困難な数ヶ月から立ち直るように設定されている可能性があり、最強のプロジェクトは経験豊富な投資家によって大きく支持され続けることは確かです。Metacadeはメタバース、アーケードゲーム、そして優れた収益性を持つトークンというエキサイティングな組み合わせを提供するため、そのカテゴリーに入ります。

0.008ドルのトークンから始まり、徐々に価格が上がっていくプレセールは、多くの人が注目する価値あるプロジェクトであり、価格が高騰する前に参加する価値が十分にあると言えます。

Metacadeの先行販売こちらから参加できます。