ホームニュースハンガリー中央銀行、EUにおけるビットコイン取引・採掘の禁止を要請

ハンガリー中央銀行、EUにおけるビットコイン取引・採掘の禁止を要請


ハンガリーの中央銀行(MNB)の総裁であるGyörgy Matolcsyは、欧州連合(EU)が暗号取引とマイニングを禁止することを望んでいます。

MNBの公式ウェブサイトに掲載されたプレスステートメントの中で、Matolcsy氏は、ユーロ圏が厳しい規制措置を講じる時が来たと述べました。

彼の見解では、暗号通貨は違法な活動を永続させるために使用することができます。また暗号空間は「金融ピラミッドを構築する」傾向があることを指摘し、暗号はバブルであるという長年の批判をほのめかしています。」と言及しています。

「EUは、新しい金融ピラミッドと金融バブルの構築を先取りするために協力する必要があります。」と彼は付け加えました。

彼は2021年の中国の暗号取引と採掘の禁止と、ロシアの中央銀行からの国が同様の措置を講じる必要があるという提案を指摘しました。

「私はこの提案に完全に同意し、EUがほとんどの新しいビットコインを生産するために使用される採掘方法を禁止すべきであるという上級EU金融規制当局の主張を支持します。」と彼は声明で述べました。

しかし、彼のロシアに関するコメントは、モスクワとロシア中央銀行が暗号通貨を規制することで合意した数日後に出されたものです。

彼は、EU市民や他の投資家がブロック外の暗号資産にアクセスして所有することを許可できると提案しています。

しかし、規制当局がこれらの保有株式を追跡することは変わらない、とMNBチーフは付け加えました。

彼のコメントは、EUがデジタルユーロの開発が順調に進んでいることを示したときに出されました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。