ホームニュース「私はWeb3の未来にもっと興味がある」元Google CEOのEric Schmidt氏が語る

「私はWeb3の未来にもっと興味がある」元Google CEOのEric Schmidt氏が語る

インターネットの分散化は、世界中の多くの人々の注目を集めています。

Googleの元CEO兼会長であるEric Schmidt氏は、Web3の未来に非常に興味があると述べています。 彼はCNBCとの最近のインタビューでこのように述べています。

Googleの元幹部は、さまざまな暗号通貨に資金を投資していたことを認めました。しかし、彼は、ブロックチェーン技術の最も興味深い部分は暗号通貨ではないと付け加えました。Schmidt氏は以下のようにコメントしています。

個人として自分のアイデンティティをコントロールでき、中央集権的な管理者がいない新しいモデル(インターネット)は、非常に強力です。とても魅力的で、とても非中央集権的だ。私が25歳のとき、分散型が全てになると感じたのを覚えています。

Schmidt氏は、もし自分が駆け出しのソフトウェアエンジニアだったら、人工知能(AI)かWeb3に注力するだろうと述べ、Web3への関心は、ほとんどのブロックチェーンプロジェクトで使われているトークノミクスからきていると付け加えました。

さらに、Web3は、コンテンツ所有の新しいモデルや、創作物に対する報酬を得る方法を生み出すと指摘しています。

「Web3 の経済性は興味深いです。プラットフォームも面白いし、利用形態も面白い。まだうまくいっていないですが、そのうちうまくいくでしょう。」とSchmidt氏は言います。 

彼は暗号通貨を賞賛していますが、Schmidt氏は、ほとんどのブロックチェーンネットワークは、誰もそれらを攻撃しないことを保証するために多くの時間を費やすと述べました。Googleの元幹部によると、この動きは信じられないほど無駄が多いとのことです。

暗号通貨をいくつか保有していることは認めているものの、Schmidt氏は投資している特定のコインの名前は挙げませんでした。

暗号通貨市場は近年、主流の注目を集めています。大手ハイテク企業や技術専門家は、ブロックチェーン技術や暗号通貨が世界経済に与える潜在的な影響について議論しています。

暗号通貨の時価総額は2兆ドル前後にあり、2021年11月に記録した史上最高額の3兆ドルから減少しています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。