ホームニュースインタビュー :暗号通貨取引所Bitrueが新トークン「BMAX」をローンチ

インタビュー :暗号通貨取引所Bitrueが新トークン「BMAX」をローンチ

Coin Market CapごとのTOP50の暗号通貨取引所であるBitrueは、ステーキング、イールドファーミング、定量的取引の3つの手段を組み合わせた投資管理プロジェクトを開始しました。

このプロジェクトは、新しい資産管理トークンであるBMAXと組み合わせて開始されます。これはBitrueCoin(BTR)とは別になり、BMAXの最初の配布はエアドロップを介してBTRホルダーに行われます。四半期ごとに少なくとも3回の買い戻しがあり、今後は収量農業プールを介してのみ他の分配が行われます。トークンは完全にコミュニティが所有しており、チームや投資家は割り当てを受けていません。

BTRがガバナンストークンだとすれば、BMAXはリワードトークンと見ることができます。したがって、別々ではありますが、両者はやはり絡み合っています。例えば、BTRはBMAXトークンのガバナンスを定義することになります。

これは取引所による巧妙なプロジェクトであり、私はもっと知りたいと思ったのです。気になる点を解決するため、最高マーケティング責任者のAdam O’Neill氏にインタビューしてみました。

CoinJournal: 
発表の中で、「BMAXをリワードトークンとして活用することで、ステーキングやDeFiリワードプログラムに現在存在する盗難のリスクなどの問題を解消する」とありますが、この点について詳しく教えてください。

Adam O’Neill氏(マーケティング最高責任者):既存のDeFiプロトコルは、通常、合成資産に依存しており、投資家は自分で手動で再投資しなければなりません。

この場合、ユーザーはあるプラットフォームから別のプラットフォームへ資金を移動させなければならず、詐欺師や乗っ取り犯に多くの窓を開けてしまうことになり、危険なのです。過去には、偽のウェブサイトやラグプルに関わる多くの事例がありました。

BMAXでは、投資はBitrueのプラットフォーム内で完全に自動化されているため、このようなことは起こりえません。

CJ:なぜBMAXをリリースする必要性を感じたのでしょうか。すでに存在するBTRトークンを通じて、報酬など同じメリットを提供しようと考えたのでしょうか。

AON :実のところ、以前はBTRが私たちのプラットフォーム上のほとんどのイールドファームの報酬トークンでした–そう、私たちはこの資産管理の仕組みを代わりにBTRに持ち込むことを検討したのです。しかし、慎重に検討した結果、BTRはデフレ的でありたいと考え、流通を制限したいと考えました。

CJ:   BMAXトークンのリリースにより、イールドファーミングプールでBTRが頻繁に配布されなくなることが挙げられます。これは流通量に影響すると思われますが、それ以外の影響はありますか?

AON :はい、BTRの流通量が少なくなれば、Bitrueのガバナンストークンであることに変わりはないので、徐々に価格が上がっていくでしょう。BTRトークンは、BMAXが登場しても投票や取引に利用されるため、実用性は失われませんが、新たに設計されたデフレメカニズムにより、その価値は大きく高まります。

CJ:  暗号市場は今年苦戦していますが、BTRは他の市場よりも良い結果を残しています。実際、BTRはYTDで50%近く上昇していますが、その理由は何でしょうか?

AON :BTRは同業他社に比べて割安なCEXトークンです。Bitrueは、取引と投資の両方に最適な場所となるよう、常にイノベーションを続けている取引所ですからね。私たちの取引所に毎日新しく掲載される取引ペアの数や、たまに行われる新しい機能のアップグレードを考えると、暗号コミュニティはようやく私たちBitrueが長期的に提供する可能性に目を開き始めたと信じています。

CJ:人々が競合他社ではなくBitrueを使用する主な理由は何だと思いますか?

AON :まず、Bitrueは業界では大手の1つと考えられていますが、私たちの取引所は他の取引所と比較して、まだまだ成長する余地があると思います。Bitrueのチームは競合他社に比べて比較的小規模ですが、同時に社員一人ひとりがこの会社に帰属しているという意識を持っています。

給与明細に振り回される他の多くの企業とは異なり、Bitrueの社員は暗号社会に貢献するために、それ以上のことをしようとします。これは私たちの行動にも表れており、コミュニティからのフィードバックを熱心に聞き、それを製品の改良に役立てています。

コアバリューはさておき、Bitrueは現在、私たちのイールドファームで最も高いAPYの一つを提供しており、その多くは100%を超えています。また、ミームトークンからブルーチップアルトコインまで、サポートされているトークンのコレクションも最大級です。

CJ:暗号の弱気市場が長期化した場合、Bitrueはどのような結果になると思われますか?

AON :実は、Bitrueは2018年の弱気相場の時に初めてローンチしました。事業戦略や拡大に関しては、慎重に行動することで、ベアマーケットのリスクを軽減することができるのです。ベアマーケットがたまに起こることは重々承知していますので、帳簿のつけ方にも厳密にしています。実際、私たちは競合他社と比較して慎重な企業であると認識したいと思っています。

CJ: 最近の米国のインフレデータは厳しいものです。ビットコイン(または暗号)はこれに対するヘッジとして使用できると思いますか、それともインフレ・ヘッジの物語に懐疑的ですか?

AON :ビットコインは常に究極のインフレヘッジになるように設計されています。フィアット通貨とは異なり、供給量が本当に限られています。しかし、BTCはより大きな暗号エコシステムの一部としてのみ存在することができ、他のアルトコインは実用通貨として機能します。

市場が非常に新しいため、投機が横行し、暗号は株式などのリスクオンの資産と似たような動きをするようになります。暗号が真に本質的な価値を反映するようになるには、しばらく時間がかかると思われます。現在の地政学的な状況を考えると、その時はすぐにやってくると思います。現時点では、戦争で破壊された国の難民は、すでに現地通貨よりも暗号を価値貯蔵として好んでいます。

CJ:ライトペーパーには、多くの投資家が懸念する機会費用を自動投資で自然にカバーし、無常の損失リスクを最小化する、とあります。このリスクはどのように軽減されているのか、もう少し詳しく教えてください。

AON :流動性を提供することで、利用者が一時的な損失を被ることは否定できません。BMAXのイールドファームハブでそのような損失が発生した場合、他の投資ビークルの利益がその損失をカバーするためのヘッジとして機能します。BMAXは、1つの投資ビークルの損失に耐えられるようなフルヘッジのポートフォリオを持つ機会を投資家に提供しているのです。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。