ホームニュースインタビュー:FantomのCEO MichaelKong氏…まさに「腑に落ちる」

インタビュー:FantomのCEO MichaelKong氏…まさに「腑に落ちる」

Dan Ashmore

  • 将来の有権者に負債を転嫁できれば、現在の有権者の票を獲得することができる。つまり、政府のインセンティブは、借金のコストを下げるので、インフレを起こすことなのです。
  • 「このインフレの環境では、自分の身を守らなければならない。しかし、もしあなたがすでに超金持ちで、これらの資産をすべて所有しているならば、デフォルトで勝てるのです。」
  • 「2020年、フォーブス(富裕層)400人の富の増加率は、記録を始めてからどの年よりも最も高く上がったとフォーブスは報告しています。最も高い割合で上がったのは、お金を刷ったからです。」
  • 「政治家のインセンティブは何でしょうか?政治家のインセンティブは、権力を得て、権力を維持することです…彼らはどうやって票を集めようとするのでしょうか?納税者からお金を取らずに、お金をたくさん使うことによって…彼らはその帳尻を合わせるのです。」

これは楽しいものでした。

世界には暗号通貨よりも大きなもの、もっと重要な問題があります。FantomのCEOであるMichael Kong氏は、そのことを理解しています。暗号通貨が解決しようとしていることも、まだそこに到達していませんが、彼はそれを認め、私たちはインターネットの成長など、よく目にするベンチマークと比較することが妥当かどうかを評価しながら、じっくりと話し合いました。

個人的には、今の経済状況には悲観的です。生活費の危機は、普通の人々に大きな打撃を与えています。私が生まれ故郷のアイルランドを離れ、コロンビアに移住した理由のひとつは、住宅がますます手の届かないものになりつつあることです。政治家はインフレを「一過性のもの」と言い、プーチンの戦争のせいにし、先月には「問題だがピークに達しており、2022年末には収束するだろう」と言い出しました。

Michael氏は、暗号通貨の最大手の一つであるFantomのCEOです。このエピソードは、6月の消費者物価指数でインフレ率が9.1%に再び上昇したことを明らかにしたわずか数時間後に行われました。Michael氏は深い思索家であり、今後の金融資産価格の動向、経済が問題を抱えている理由、政治環境、不平等格差など、多くの魅力的な見解を持っています。

また、Fantomについても議論しました。(当たり前ですが!)検証の仕組みについて、競合の暗号通貨と何が違うのかを掘り下げ、手数料の安さや取引スピードの速さなど、魅力的な機能を優先するために行ったトレードオフについて、率直に語ってくれたのです。実は、このポッドキャストは2つのセクションで構成されていました。Fantom / ブロックチェーンの技術的な話と、Macro / 今日の社会と経済の話で、以下の説明でタイムスタンプを押させていただきました。

競合他社

暗号通貨はしばしば部族主義に悩まされ、投資家が特定のコインを好み、他のコインを好まないことで互いに飛びつくような、議論と競争の激しい状況にあると私は考えています。私は、Michael氏がFantomを「イーサリアムの大手企業の肩の上に立っている」と宣言しているのがとても面白かったです。この業界で多くの基礎を築いたライバルコインに謝意を表するほど大きな存在なのです。

もちろん、彼はFantomがその技術のある側面を改善したと考えており、それについては深く議論しましたが、彼の客観的でバランスのとれた意見を聞くことができたのは良かったです。

マクロ

私が一番気に入ったのは、Michael氏が多くの人が直面している経済の現実にいかに通じているかを示したところです。COVIDの時に、マネープリンターが貧乏人から金を奪って金持ちの手に入れたという事実と、給料日前の労働者がその代償を払っていることを嘆いていました。

貧乏人から金持ちへの大規模な富の移動」につながるのです。私はオーストラリアの2,000万人の有権者のうちの1人です。しかし、私にできることは、自分の人生に影響力を持ち、コントロールできることをコントロールすることです。」 – Michael Kong氏

不換紙幣の価値が下がり続け、物価が上昇し、生活するのが難しくなる中で、自分を守るために何ができるかを話しました。そして残念なことに、それはすべてお金持ちに有利に働くということです。

このインフレ環境では、自分を守らなければなりません。しかし、もしあなたがすでに超リッチで、これらの資産をすべて所有しているのであれば、デフォルトで勝てるのです。だからこそ、2020年、フォーブス(富裕層)400人の富の増加率は、記録を始めてからどの年よりも最も高くなったとフォーブスは報告しているのです。最も高い割合で上がったのは、お金を刷ったからです。」

私にとって、この中でハラハラするのは不平等格差が広がっていることです。COVIDのとき、幸運にも自宅で仕事ができた人たち(ちなみに私も含めて)は、ロックダウンが引き起こした経済の大混乱から比較的免れていたので、このようなことが起こったのです。

一方、バーテンダー、小売店、パフォーマーなど、対面で仕事をする人たちは、容赦なく打撃を受けました。給料日前の生活をしている人は突然給料がもらえなくなり、家にいる人はスウェットパンツをはいて、Zoomコールを背景にベッドがあまり片付いていないことを確認するだけでよかったのです。

政府の対応は本質的に貧困層から富裕層への富の移転でした。膨大な景気刺激策が、今度は本格的なインフレ危機を引き起こし、パンデミック時に同じように給料をもらっていた労働者の苦労をさらに悪化させることになったのです。

Michael Kong氏は、このことをよく理解しています。彼はCEOで、明らかに高い知性を持っていますが、世界の仕組みを理解しています。また、彼は変化を起こそうとしています。もしあなたがCoinJournalのポッドキャストを1つ聴くなら、このポッドキャストを聴くべきだと思います。知的で率直なゲストと重要な問題をカバーすることは、本当に楽しく、教育的で示唆に富んでいます。Fantom / crypto / inflation / politics / the future などの特定のセクターを聴きたい場合は、Spotifyの説明でタイムスタンプが提供されています。

ハッピー・フライデー。

こちらのポッドキャストへのリンク。 YouTubeは近日公開予定です。