ホームニュースインタビュー:コロンビアビジネススクール教授で暗号ライターのOmid Malekan氏

インタビュー:コロンビアビジネススクール教授で暗号ライターのOmid Malekan氏

Dan Ashmore

暗号通貨は、威圧的なものです。

金融市場やテクノロジーに精通している人々にとってさえ、ブロックチェーンについて頭を抱えることは困難なことなのです。

CoinJournalのポッドキャストの最新エピソードで、人々のためにそのギャップを埋めることを目的とした「暗号学者」とも言える人物と対談しました。

Omid Malekan氏はコロンビア大学で講義を行い、数冊の執筆も行なっています。その最新作が『Re-Architecting Trust:The Curse of History and the Crypto Cure for Money, Markets, and Platforms』です。私たちは、様々なトピックについて議論しましたが、テーマは、Omid氏がやろうとしていること、つまり、ビットコインと暗号通貨について人々を教育すること、これは思ったより難しいことです。

この分野にはノイズが多く、Omid氏もそれを認めており、暗号は完璧とは程遠いものです。ですが、もしあなたが適切な場所を探し少しの信念を持てば、この業界は多くの良い行いをもたらすことができるのです。私たちは暗号の浮き沈み、弱気市場のダメージ、規制の影響、発展途上国での暗号の可能性などについて話をしました。

また、この業界の欠点にも目を向けました。人々を教育し新規参入者を歓迎することに最善を尽くしているのか。部族差別は問題なのか、時には攻撃的・極端に見えるイデオロギーはどうなのか?

暗号について学ぼうとしているけれど、これまで出会った説明が難解で専門用語だらけだったり、テーマがずれていたりした場合、Omid氏は明確かつ簡潔な方法で話し、見下したようなレトリックはなく、要点にまっすぐ到達することができます。暗号がこの社会で良い影響をもたらすものと明確に考えているゲストであると同時に、実現するのを助けたいと考えているのです。確かに異質ではありますが、とても興味をそそられる内容でした。

コロンビア大学について、またOmid氏の学生のうち数名がその後フルタイムのブロックチェーンの仕事に就いたことについても聞いています。私たちは業界全体のレイオフ、特にCoinbaseについて、これが続くかどうか、この分野に参入する人たちにどんな影響を与えるかについて議論しました。

私は非常に有意義な時間を過ごしました。

Spotifyのリンクはこちら

YouTubeは近日公開予定です。

Omid氏の新刊『Re-Architecting Trust:The Curse of History and the Crypto Cure for Money、Markets、andPlatforms 』はこちらで購入できます。この本は暗号の「何」よりも「なぜ」を掘り下げていますが、後者をお望みなら、彼はあなたが知りたいことがわかるでしょう。こちらでOmid氏の詳細をご覧ください。