暗号中毒に関するボーンマス大学John McAlane教授へのインタビュー

暗号中毒に関するボーンマス大学John McAlane教授へのインタビュー

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

このQ&Aは、John McAlane教授のインタビュー全文です。暗号通貨取引中毒について、全専門家パネルからの寄稿による詳細については、こちらの記事をご覧ください。

以下はJohn McAlane教授ー公認心理学者、公認科学者、ボーンマス大学心理学教授へのインタビューです。

暗号通貨取引中毒、およびギャンブルとの関連性についての詳細な深堀りは、上記リンクからご覧ください。John McAlane教授のインタビュー全文については、以下をご覧ください。

CoinJournal (CJ): 暗号取引中毒とギャンブル中毒の間に類似点があると思いますか?もしそうなら、最も顕著なものを挙げていただけますか?

暗号通貨もギャンブルも、ある程度のリスクがあることは共通しています。これは、人々がエキサイティングだと感じ、その行動に引き込まれる可能性があるものです。また、ギャンブルも暗号通貨も、ある程度のスキルが必要で、その結果、利益を得ることができます。

例えば、熟練したプロのポーカープレイヤーは、ポーカーで十分なお金を稼ぎ、それが主な収入源になることがあります。同様に、暗号通貨の専門知識を持つ人は、取引で生計を立てることができるかもしれません。しかし、どちらの場合も、成功する人はごく少数です。  

 

CJ:教授から見て、トレーディングのようなアクティビティに中毒性があるのはなぜですか?

私たち人間は、報酬によって動機づけされるように進化してきました。これは、私たちが社会で機能する方法を学ぶための方法の1つです。また、行動依存症が存在する理由の1つでもあります。何かを行い、何らかの形でその報酬を得ることで、また行う気になるのです。また私たちは好奇心旺盛で、何かリスクを負おうという気持ちにも駆られます。これは、私たちが社会的な世界を探求するのに役立ちます。トレーディングはこの2つのプロセスを兼ね備えています。

CJ:インフルエンサーが、創設者から報酬を得る見返りに、仕組みをほとんど知らないフォロワーに無名の暗号通貨を宣伝することについてどうお考えですかーこれは問題だと思われますか?

私たちは皆、社会的な生き物です。しかし、周囲の人々からどれだけ影響を受けているかを過小評価しがちです。特に、個人であることに誇りを持つ多くの文化圏では、そうなのです。また私たちは、他の人が自信に満ちていて知識欲をそそるような振る舞いをしていれば、その人は自分よりも多くのことを知っていると思いがちです。

つまり人はインフルエンサーに注目するとき、そのインフルエンサーが取引についてどれだけ客観的に知っているかを判断材料にするのではなく、そのインフルエンサーがどのように自分を表現しているかを判断材料にすることがあるのです。

CJ:暗号の価格が毎日変動し、自分の投資が毎日大きく上下するのを見ることは精神衛生に影響を与えるとお考えでしょうか?

ある程度のリスクは楽しいものですが、私たちは生活に一貫性を持たせたいとも思っています。ボラティリティや不確実性の高い時期を継続的に経験することは、個人に不安感をもたらし、精神衛生に影響を与える可能性があります。

CJ:暗号取引依存症に関する研究はまだ限られていますが、今後ニーズが高まると思いますか?

その可能性は非常に高いと思います。暗号取引は新しい行動であり、新しい行動は常に研究者の注意を引きます。特に、問題の行動が本人や他者に害を及ぼす可能性が示唆されている場合は、その傾向が強くなります。

 

CJ:暗号通貨業界は、安全な投資を促進し、依存症の問題に対処するためにもっと努力するべきだと思いますか?

ギャンブル業界やアルコール業界など他の業界では、企業が自社製品の安全な使用を促進する、いわゆる企業の社会的責任に取り組むことが期待されていますが、これらの業界ができる限りのことをしているかどうかについては、しばしば議論が行われています。これは法律で強化されることもあります。

暗号通貨業界は、理論上アルコールの使用などオフラインの行動よりオンラインの行動の方が追跡しやすいため、この点では有利になる可能性があります。つまり問題を抱える人々をより迅速に特定し、個人に合わせたサポートを提供できる可能性があるのです。

しかしこれには業界の協調的な取り組みが必要です。もし依存症の人が、ある暗号会社が自分の行動を制限していると考えたら、別の会社に行くことができます。

CJ:従来のギャンブルは、多くの地域で18歳以上の消費者に制限されています。暗号通貨でも同様のルールを設けて、多感な若者を潜在的な中毒から守るべきだと思いますか?

はい、取引は18歳以上に制限されるべきだと思います。しかし、これを規制するのは非常に難しいことです。また暗号通貨に興味を持つような人は、コンピュータのシステムを回避する方法を理解し知っていることが多いようです。

CJ:イエスかノーで答えられるなら、ギャンブルがない方が世界は幸せになると思いますか?

私はそうは思いません。ギャンブルをする人の大半は、安全で責任感があり、楽しめる方法でギャンブルをします。ギャンブル依存症になる人は、依存症の根底にある問題を生活の中で経験していることが多いです。ギャンブルでなければ、何か他のものへの依存を示す可能性があります。

 

CJ:上記の質問と似ていますが、暗号通貨投資がなければ、世界はより良い場所になるのでしょうか?

私はそうではないと思います。暗号通貨は、金融取引を実現する新しい方法を探そうとする個人から生まれました。システムがどのように機能し、どのように変えることができるかというこの好奇心は、人間であることの基本的な側面です。もし人々が常に現状を受け入れていたら、世界はとても退屈なものになるでしょう。

CJ:暗号通貨取引に興味があり、ギャンブル依存症になる可能性がある人たちに、どんなアドバイスができますか?

自分がギャンブル依存症であることを自覚している人は、暗号取引などのアクティビティを避けるべきであることをおそらくすでに知っています。もし参加することに決めたら、自分の行動と思考に注意し、損失を追いかける、自分の行動について他人に嘘をつく、自分の行動に対して罪悪感や後悔を感じるなどの赤信号に気をつける必要があります。