暗号通貨取引中毒についてノッティンガム・トレント大学のMark Griffiths教授にインタビュー

暗号通貨取引中毒についてノッティンガム・トレント大学のMark Griffiths教授にインタビュー

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

この Q&A はMark Griffiths教授とのインタビュー全文です。暗号通貨取引依存症について、全専門家による寄稿を交えて深く掘り下げた内容は、こちらの記事を参照してください。

以下は、公認心理学者であり、ノッティンガム・トレント大学の行動依存症特別教授であるMark Griffiths教授へのインタビューです。これはインタビューの完全な記録で、引用はこのトピックのメイン記事で公開されたものです。

暗号通貨取引中毒のトピックとギャンブルとの関連性についての詳細な内容は、上記のリンクからご覧ください。Griffiths教授のインタビュー全文については、以下をご覧ください。

CoinJournal (CJ): 暗号取引中毒とギャンブル中毒の間に類似点があると思いますか?もしそうなら、最も顕著なものを挙げてください。

ギャンブルは、結果が不確実な事象に対して金銭(または金銭的価値のあるもの)を支出することと定義されています。この定義に基づけば、暗号取引はギャンブルの一種と言えます。

スロットマシン、インプレイベッティング、カードゲームなどのイベント頻度が高いギャンブルは、イベント頻度が低いギャンブル(例:隔週で行われるロトゲーム、週に1~2回しか結果が分からないサッカープール)よりも問題ギャンブルやギャンブル依存症に関連性が高いと言われています。

暗号取引は、その活動の構造的特徴から、依存症になる可能性があると言われています。

 

CJ:教授から見て、取引などの活動に中毒性があるのはなぜでしょうか?

暗号取引がどの程度中毒性があるかは(今のところ)分かっていません。化学的なものであれ、行動的なものであれ、依存症が発症する方法は複雑です。中毒行動は通常、3組の相互作用する要因の組み合わせから発症します。(i) 個人の特性、(ii) 状況的(すなわち環境的)特性、および (iii) 構造的特性

個人的特性には、その人の遺伝的構成、性格特性、態度などが含まれます。

状況的特性には、行動への関与に影響を与える可能性のある環境内の事柄が含まれます。ギャンブルの場合、地域内のギャンブル場の数、ギャンブルのマーケティングや広告、スマートフォンでギャンブルできるなど、ギャンブルへのアクセスが容易であることなどが含まれます。

構造的特性とは、活動そのものに内在するものです。ギャンブルの場合、ジャックポットの大きさ、賭け金の大きさ、当選確率、イベント頻度(一定時間内にゲームができる回数)など、ゲームの特性がこれにあたります。

ギャンブル中毒について言えば、隔週で行われる宝くじゲームに中毒になる人はほとんどいません。(週に2回しか抽選がなく、非連続的なギャンブルであるため)一方、スロットマシンに中毒になる人ははるかに多く、時間とお金があれば、何度も何度も賭けることができます。(連続的なギャンブルであるため)

暗号取引が依存症になるには、個人の脆弱性要因と、過剰な取引を促進する構造的特性を持つ活動(イベント頻度が高い、金銭的報酬が大きい可能性がある、取引に手が届くなど)が必要です。

 

CJ:インフルエンサーが、創設者から報酬を得る見返りに、仕組みをほとんど知らないフォロワーに無名の暗号通貨を宣伝することについてどうお考えですかーこれは問題だとお考えですか?

インフルエンサーとは(上記の依存症に影響を与えるさまざまな特性の概要で)個人がそもそも取引を始める可能性を説明する状況的な特性です。要するに彼らは依存症の発症や維持というよりも、むしろ獲得プロセスの一部である可能性が高いのです。(広告やマーケティングに少し似ています)

CJ:あなたの意見では、暗号の価格が毎日変動し自分の投資が毎日大きく上下するのを見て、精神衛生に影響を与えるとお考えでしょうか?

依存症は明らかに精神衛生に影響を及ぼします。すべての依存症者は、依存症でない人に比べて精神衛生が悪い傾向があります。(精神衛生が悪くても、何かに依存していない人はたくさんいますが)ボラティリティは多くのギャンブルに見られる構造的特徴ですが、ボラティリティのあるゲームもないゲームも潜在的に中毒性があるので、(それ自体)ボラティリティは必ずしもどの活動が中毒になるのか(その結果、精神衛生上の問題につながるのか)を説明する重要な特徴ではありません。

株価が上がったり下がったりするのを見ることは、明らかに個人の気分状態に影響を与えますが、全体的な精神衛生は、ボラティリティだけでなく、無数の要因によって影響を受けると思われます。

 

CJ:暗号取引依存症に関する研究はまだ限られていますが、今後ニーズが高まると思いますか?

一言で言えば、イエスです。この分野では、問題ギャンブルと暗号取引との関連性を示す研究がすでにいくつかあります。しかし限られた研究では、ギャンブルと暗号取引の両方を行う人よりも、暗号取引のみを行う人の方が問題ギャンブラーになる可能性がはるかに低いことが示されている傾向にあります。

またスポーツに賭け、暗号取引も行う人の間では、問題ギャンブルとの関連性が高いようです。縦断的な研究はなく、横断的な研究のみであるため、すでに問題ギャンブラーである人がギャンブルできる別の活動として暗号取引に引き寄せられるのか、暗号取引が他の形態の「伝統的」ギャンブルを試す「入り口」の活動なのか(後者というより前者だと私は推測します)、わかっていないことがあります。

 

CJ:暗号通貨業界は安全な投資を促進し、中毒の問題に対処するためにもっと努力するべきだと思いますか?

潜在的な問題や中毒性がある商品を扱うサービスプロバイダーは、顧客に対して注意義務を負っています。取引サービス・プロバイダーは、個人が責任を持って取引できるようなポリシーやツールを用意すべきであり、それによって被害を最小限に抑え、最終的には問題のある取引からトレーダーを保護することができるのです。

これは般的なギャンブル産業で起こっていることであり、取引サービス・プロバイダーは、同じレベルの説明責任と保護を提供する必要があります。もちろん、個人は自分の行動にある程度の責任を持たなければなりませんが、だからといって、ギャンブル会社や取引会社が自らの責任から免責されるべきではありません。

 

CJ:従来のギャンブルは、多くの地域で18歳以上の消費者に制限されています。暗号通貨でも同様のルールを設けることで、より若い、多感な心を潜在的な中毒から守るべきだと思いますか?

もちろんです。ギャンブルは大人の遊びであり、未成年の方が大人よりもギャンブル依存症になるリスクが高いことが、研究により一貫して示されています。暗号取引に違いはないはずで、暗号取引に合法的に従事できるのは成人だけであるべきなのです。

CJ:イエスかノーで答えられるなら、ギャンブルがなければ世界はより幸せになると思いますか?

いいえ。ギャンブルは、ほとんどの人にとって楽しくて無害な活動です。私自身ギャンブルが好きなので、自分がやっているのに他人がやってはいけないと言うのは偽善者でしょう。ギャンブルを禁止することは、違法なギャンブルにつながり、最終的にはより多くの問題を引き起こすだけでしょう。

 

CJ:上記の質問と似ていますが、暗号通貨投資がなければ世界はより良い場所になるのでしょうか?

繰り返しになりますが、上記と同じ理由でノーです。(ただし、私自身は暗号取引に従事したことはありません)

 

CJ:暗号通貨取引に興味があり、ギャンブル関連の依存症になる可能性がある人に、どのようなアドバイスができますか?

依存症になる可能性がある消費活動と同様に、個人もその活動に関するすべての情報を持っている必要がありますから、そもそも参加するかどうか、十分な情報を得た上で選択することができます。個人は、潜在的なリスクをすべて知る必要があります。

暗号取引は、おそらく(例えば)宝くじやビンゴよりも幅広いスキルセットを必要とします。潜在的なトレーダーは、自分のお金を使う前に、その活動についてできるだけ多く学ぶ必要があります。