11月以来の2万円台で取引される中、ビットコインを買っても大丈夫なのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

11月以来の2万円台で取引される中、ビットコインを買っても大丈夫なのか?

By Mircea Vasiu - 分読み (ショート)

ビットコイン買い持ち派は少し安心したのではないでしょうか。2021年に史上最高値を更新した後、ビットコインは弱気相場の領域に入り、2022年を通して下落しました。

昨年は暗号業界を取り巻くネガティブなセンチメントに始まり、一般的な米ドル高で終わり、すべてが弱気なビットコインでした。

しかし細かい点、特にテクニカルな点に着目している人たちは、ここ数カ月でいくつかの心強い事実に気づきました。第一に、市場はここ数カ月で下落ウェッジパターンを形成しており、これは強気の反転パターンです。

第二に、最も強力なテクニカルオシレーターの一つである相対力指数は、2022年の最後の四半期以来、強気のダイバージェンスを示しています。第三に、現在のラリーは重要な抵抗水準、つまり、極めて重要なものであることが判明する可能性のある抵抗水準に注目しています。

TradingViewによるBTCUSDチャート

フォーリングウェッジで反転を確認

上昇する過程で、ビットコインは昨年11月以来初めて2万ドルを超えて上昇しました。その際、先週の取引で1億ドルを超える大規模な暗号のショート清算を引き起こしました。

言い換えれば、上昇の動きはショートを不意打ちしたのです。

テクニカルトレーダーは、上に見える下落ウェッジパターンの可能性を見出しましたが、市場がその上端をブレイクするまでは、反転を呼び込むことは困難でした。

現在では、安値が維持されている限り、ビットコインは強気を維持しています。

RSIの強気乖離は数ヶ月間継続中

もう一つの強気のサインはRSIからでした。上図の赤色の強気の乖離は反転の可能性を警告しています。下落ウェッジパターンと相まって、ここ数カ月で注目すべきもう一つの強気な手掛かりとなったのです。

ビットコインの強者には3万ドルの大台が迫っている

大きな問題は、次に何が来るか?ということです。現時点では、ビットコインのテクニカルダイナミクスは非常にシンプルです。

下落ウェッジパターンの最下点を上回れば、3万ドルのレジスタンスを試すことができます。過去の強力なサポートから判断すると、このレベルは極めて重要であり、これを突破するとさらに上昇するはずです。