ホームニュースSECがビットコインETFのスポットを承認するのは時間の問題であるとGrayscale CEOは語る

SECがビットコインETFのスポットを承認するのは時間の問題であるとGrayscale CEOは語る

米国証券取引委員会(SEC)は、過去数年間に提出された多数のビットコイン上場投資信託(ETF)の申請を却下しました。

Grayscale InvestmentsのCEOであるMichael Sonnenshein氏は、CNBCのETF Edgeのインタビューで、SECがスポットビットコインETFの提案を承認するのは時間の問題であると考えていると述べました。

SECはこれまで、審査したすべてのスポットビットコインETFの提案を却下しています。しかし、Sonnenshein氏は、SECがそのうちの1つを承認するかどうかではなく、いつ承認するかの問題であると述べています。彼は以下のように述べています。

「SSECの立場からすると、40法商品には33法商品にはないいくつかの保護がありましたが、それらの保護は、基盤となるビットコイン市場や詐欺や操作の可能性に対するSECの懸念に対処するものでは決してありませんでした」

GrayscaleのCEOはさらに付け加えました。

「だから、彼らが今、考えを発展させて、テュクリアムとの33法商品を承認したという事実は、本当にその議論を無効にして、ビットコイン先物と、その先物契約に価値を与える基礎となるビットコインのスポット市場との間の関連性を語っています。」

SECはいくつかのビットコイン先物ETFを承認しており、それらはすでに証券取引所で取引されています。しかし、規制当局は、暗号空間での規制の欠如を懸念していると述べました。したがって、スポットビットコインETFを承認することを躊躇しています。

Sonnenshein氏は、SECがすぐにスポットビットコインETFを承認すると考えています。彼はCNBCに次のように語りました。

「それは本当に、私たちの意見では、ビットコインスポットETFがあるかどうかではなく、いつかという問題です。もしSECが先物ETFとスポットETFという2つの同じような問題を同じレンズを通して見ることができないなら、それは実際、行政手続法違反の根拠となる可能性があります 。

Grayscaleは現在、米国SECにスポットでビットコインETFの提案を行っている企業の1つです。規制機関はまだこの提案を検討中で、その評決はまだ下りていません。

多くの専門家は、スポットBitcoin ETFの立ち上げは、暗号空間に多くの機関投資家を引き付けるのに役立つと信じています。スポットBitcoin ETFは、カナダやブラジルなど特定の国ですでに取引されています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。