ホームニュース日本の金融庁が暗号取引所に対して制裁措置の遵守を指示

日本の金融庁が暗号取引所に対して制裁措置の遵守を指示

月曜日、日本の金融庁(FSA)は、財務省とともに、ロシアがウクライナに侵攻した後、ロシアとベラルーシに対して平準化された制裁対象の資産、個人、またはエンティティが関与する取引の処理を停止するように暗号通貨取引所に命じました。

この命令は、7か国(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国)のグループがロシア人がデジタル資産の利用を開始したことを指摘した後に発効しました。彼らは、彼らの富を移転し強化するために彼らのデジタル資産を使用しようとしている違法なロシアの俳優に対して非常に厳格になるだろうと述べました。

ロシアがウクライナを侵略したために制裁措置の周りに暗号通貨を使用することは、G7の主要国であるドイツ、カナダ、英国、日本、フランス、米国、イタリアの間で問題となっています。

金曜日に、米国財務省は、米国内のすべての暗号通貨企業に、制裁対象のエンティティや個人との取引を禁止する新しいガイドラインに従うように求めました。

法違反者

新しいルールを効果的かつ厳密に遵守するために、FSAと財務省は共同発表を行い、ペナルティに違反する暗号資産を使用した資金移動を防ぐために従う新しい手順を明らかにしました。

日本は民間のデジタル通貨で使用される規則や規制の採用に遅れをとっていますが、G7とG20諸国はそのギャップに立ち、ステーブルコインの規制を強化するよう求めました。

日本のFSAは、暗号資産を介した制裁関連のターゲットへの不正な譲渡は刑事犯罪と呼ばれ、3年の懲役または100万円(8,487.52ドル)の保釈金につながると述べました。 3月4日現在、日本では31の暗号通貨取引所が運営されています。

ただし、これらすべての議論において、欧州連合(EU)は、欧州委員会および欧州理事会の代表としてゲストとして行動してきました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。