ホームニュースブロックチェーンでの信頼にはIDを知ることが不可欠ーCondordium CEOに聞く

ブロックチェーンでの信頼にはIDを知ることが不可欠ーCondordium CEOに聞く

Dan Ashmore

暗号通貨において、アイデンティティという概念は非常に偏ったものです。ビットコインはインターネットの片隅から生まれたもので、自己主権、匿名性、独立性という超自由主義的な理想から生まれたものであることを、人々は時に忘れてしまいます。

もちろん、暗号通貨はビットコインを超えて、今日、多くの異なる見解と何千ものプロジェクトがあり、あるものは似たような目標を持ち、あるものは異なる目標を持っています。

Concordiumはレイヤー1のブロックチェーン・プロジェクトで、ネットワーク上で発生するすべての取引に暗号化されたIDを埋め込んでいます。このプロジェクトは、ビットコインの原型となるビジョンに反するものであり、興味深いものです。

ConcordiumのCEOであるLone Fonss Schroder氏は、「多くのビジネスは、誰と取引しているのかが分からないために実現する」と語り、このアイデンティティはこの分野で信頼を得るために不可欠であると主張しています。

このほかにも、規制はポジティブなものなのか(これもmaxisを激怒させる可能性がある)分散化の長所や現在の市場環境などについても議論され、時間の関係でDan氏とJoe氏はSchroder氏の回答をあまり深く掘り下げることはできませんでしたが、次回の議題として取り上げられる予定です。

ポッドキャストはこちらのSpotifyから聞くことができます。

タグ: