ホームニュースKraken、アラブ首長国連邦で暗号取引ライセンスを取得

Kraken、アラブ首長国連邦で暗号取引ライセンスを取得


Krakenは、Binanceに続いて2番目の暗号通貨取引所として、アラブ首長国連邦での運営を許可する規制当局の認可を取得しました。Krakenは、アブダビの国際金融センターとフリーゾーンであるAbu Dhabi Global Market(ADGM)での営業が許可されました。

暗号取引ライセンスを取得した後、Krakenはdirham(AED)取引ペアを介してグローバルな暗号市場に地元の投資家を提供することになり、これは従来の英国ポンドと米ドルを使用する代わりに現地通貨を使用する取引ペアの多様化を示しています。

UAEの現地銀行との統合

新しい暗号取引ライセンスにより、Krakenはアブダビのローカル決済サービスプロバイダーと統合する予定です。 KrakenのマネージングディレクターであるCurtis Ting氏は、KrakenがUAEにグローバルレベルの流動性をもたらすのに役立つと確信しています。

ドバイは特に、年間250億ドル以上の取引高を持つ大規模な暗号ファンがいることで知られています。

Curtis Ting氏は次のように述べています。

「私たちにとって、地域の投資家やトレーダーが現地通貨(取引ペア)にアクセスできるようにすることで、グローバル市場やグローバルな流動性へのアクセスを容易にすることは本当に重要です。」

中東での暗号交換の関心

Krakenは中東で最初の暗号取引ライセンスを取得したばかりですが、競合のBinanceはすでにドバイとバーレーンの両方で営業するための暗号取引ライセンスを取得しています。

中東で規制された暗号取引所の流入に続いて、地元企業も暗号の世界に足を踏み入れ始めています。例えば、ドバイの市民学校は、授業料の支払いとしてビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の受け入れを開始し、暗号の支払いは自動的にdirhamに変換されます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。