ホームニュースKraken、NFTマーケットプレイスのキャンセル待ち受付を開始

Kraken、NFTマーケットプレイスのキャンセル待ち受付を開始

Kraken NFTマーケットプレイスでは、プラットフォーム上のすべてのNFT取引でガス料金がゼロになると報告されています。

主要な暗号通貨取引所Krakenは、非代替性トークン(NFT)マーケットプレイスのキャンセル待ちリストが公開されていることを発表しました。

火曜日に公開されたこの発表は、米国に拠点を置く暗号通貨会社がKraken NFTを立ち上げる計画を明らかにしてから数ヶ月後に行われました。これは、NFTコレクションの探索、取引、確保を求めるユーザーのための「完全なソリューション」として強調されている暗号取引所のNFTマーケットプレイスとなります。

プラットフォーム上の取引のガス代がゼロに

新しいNFTプラットフォームを利用する際にユーザーが享受できる多くの機能の中で、Krakenによると、プラットフォーム上でカストディされたNFTを含むすべての取引で「ゼロガス手数料」が実現されています。

NFTがKraken NFTで保管されると、当社のプラットフォームで行われる取引活動に対してブロックチェーンネットワーク手数料を支払うことはありません。」とKrakenチームはブログ投稿で述べています。

同取引所によると、ユーザーはNFTをマーケットプレイスへ、またはマーケットプレイスから転送するときにのみガス料金を支払うことになります。

現金または暗号を使用

Kraken NFTは、ユーザーが現金または暗号を使用してNFTの売買にアクセスできるようにします。同プラットフォームによると、NFTアカウントと顧客のKrakenアカウントをシームレスに統合することで実現します。

このようにして、オファーは、とりわけ、USD、EUR、GBPなどの法定通貨でリストすることができます。ユーザーは120以上の暗号通貨にもアクセスできます。

その他、複数のブロックチェーンに対応

Kraken NFTは最終的に複数のブロックチェーンをサポートする予定ですが、チームによると、最初のローンチではイーサリアムとSolanaのサポートが行われる予定とのことです。

複数のブロックチェーンをサポートする以外にも、マーケットプレイスはメインネットワークで適用されているセキュリティプロトコルや対策を統合し、NFTプラットフォームの安全性を確保する予定です。

一方、プラットフォーム上のNFTクリエイターは、二次販売で得た収益の一部を保証する報酬システムの恩恵を受けることができます。これは、「Creator Earnings」と呼ばれる機能によって実現されます。

Kraken NFT Marketplaceは、Coinbase、Binance、FTX、KuCoinなどの主要な暗号通貨取引所による他のNFTsプラットフォームのリストに加わる予定です。

NFTsスペースが急成長を続けているため、プロジェクトはどんどん出てきています。この業界では、2021年に数十億ドル相当のデジタル収集品が取引されました。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。