ホームニュース日本の大手ウェルスマネージャーが暗号通貨ユニットを設立

日本の大手ウェルスマネージャーが暗号通貨ユニットを設立

Nomura Holdings HQ

日本最大のウェルスマネージャーの1つである野村ホールディングスは、暗号通貨とNFTを含む新しいデジタル資産ユニットを設立しています。これはウェブサイトに掲載されたプレスリリースから判明しました。

デジタルアセットの普及を促進

野村證券は、当面の間、未来創発カンパニーを改組し、新たにデジタルカンパニーを設立します。デジタル・カンパニーの主な目的は、デジタル資産の普及を促進し、お客様に適切なサービスを提供することです。

NFT、暗号通貨、セキュリティ・トークンなどのデジタル資産は、新しいアセットクラスとして存在感を増しています。分散型台帳技術と伝統的な金融の融合から、新しいタイプのサービスが生まれつつあります。

野村社長兼グループCEOの奥田健太郎氏は次のように述べています。

これは、私たちのデジタル進化における重要な次のステップです。デジタルテクノロジーは、プライベートマーケットでの事業を拡大するための戦略的推進力の重要な部分です。新しいデジタルカンパニーは、社内外の利害関係者間のより深いコラボレーションを主導し、デジタルテクノロジーの採用を加速し、クライアントサービスを強化します。

野村ホールディングスは暗号の時流に乗る

同社の運用資産は約74兆円で、6,410億ドルに相当します。彼らは子会社によるデジタル採用を促進するつもりであり、これは楽天が最近NFTマーケットプレイスを立ち上げたことに続くものです。

Bloombergのデータによると、日本の暗号通貨業界は約1兆ドルの価値があります。国内最大の銀行であるMUFGは、先月初めにステーブルコインプラットフォームを立ち上げました。

厳しい規制、しかし日本には希望がある

日本は、世界で最も厳しい暗号規制のいくつかに取り組んでいます。政府はデジタル資産を認めていますが、暗号通貨取引所はライセンスを取得する際に大きな課題に直面しています。

企業は昨年から一貫して暗号を採用しています。テスラはスーパーチャージャーステーションでDogecoinを受け入れ、DOGEで一部の商品を販売しています。eBayは、早ければ来週にも暗号の支払いを受け入れ始めるかもしれないという声明を発表しており、NFTの取引を許可しています。

ウクライナは暗号を採用

ロシアの侵略後、ウクライナは寄付を受け取るために暗号通貨を採用し、歴史上最初の国になりました。国立銀行が電子現金輸送を閉鎖したため、ウクライナ人は安定コインであるTetherに殺到しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。