詐欺取引所QuadrigaCXの突然の移動で100BTCを失う

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

詐欺取引所QuadrigaCXの突然の移動で100BTCを失う

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要ポイント

  • CEOのGerald Cotten氏が謎の急死を遂げ、QuadrigaCXは2019年に破産を申請しました。
  • Cotten氏は、資金が入ったコールドウォレットにアクセスできる唯一の人物であると主張されていました。
  • Cotten氏は後に、QuadrigaCXがねずみ講であり、顧客を詐欺していたことが明らかになりました。
  • 破産申請後の2019年に100BTC以上が誤ってウォレットに送金され、破産管財人のEYは、誰もアクセスしていないため、資金は現在失われていると述べています。
  • 今週末、ウォレットが再び目覚め、資金が暗号混合サービスに転送されました。

物議を醸した取引所(いや、あの取引所ではない)QuadrigaCXの眠っていたビットコインウォレットが、この週末に目を覚ましました。消滅した取引所に結びついた100枚以上のビットコインが今まで誰もアクセスできない財布と思われていたコールドウォレットから動き出したのです。

知らない人もいるかもしれませんが、QuadrigaCXはGerald Cotten氏が設立した取引所で、Netflixの魅惑的なドラマ「Trust No One: The Hunt for the Crypto King」の題材となったところです。初期の主流取引所の1つで、一時はカナダのビットコイン取引量の80%以上を扱っていました。ただ、それはすべて詐欺だったのです。

QuadrigaCXはどうなった?

2億ドル近くを顧客に負わせたまま、2019年に破産を申請しました。後にねずみ講であることが明らかになり、Cotten氏は偽名で口座を開設、架空の残高を自分にクレジットし、それを疑うことを知らない顧客に対して取引していたのです。彼はずっと二重生活を送っており、この取引は昔ながらのネズミ講の隠れ蓑に過ぎなかったのです。

ビッグ4企業のErnest and Young(EY)が破産管財人であり、同社が誤って100ビットコインをアクセスできないウォレットに送ったと報告し、さらなる陰謀を提供しました。

2019年2月6日、Quadrigaは誤って103ビットコインを…当社が現在アクセスできないQuadrigaコールドウォレットに転送しました。可能であれば、モニターは様々なコールドウォレットからこの暗号通貨を回収するために、経営陣と協力しています。

CEOが謎の死を遂げる

このウォレットにアクセスできない理由はもちろん、Cotten氏が旅行中に謎の死を遂げたためで、100万もの陰謀説が生まれました。彼は暗号が入ったオフラインのウォレットの鍵を唯一持っていたようで、そのため多くの人が彼の死を偽装していると非難したのです。

この週末、2019年にその100BTCを受け取ったコールドウォレットが突然、再び活動を開始しました。このウォレットから36BTC、このウォレットから33BTCを送り、この2つが大きな取引となったのです。しかし、金額以上にその行き先が興味深いーこのコインは、暗号資金の出所と行き先を難読化する役割を果たすミキシングサービス「Wasabi」に送られたのです。

どういうことなのか?

では、Gerald Cotten氏は健在で、ビットコインの貯金を掘り起こしているということでしょうか?

破産検査官でQuadrigaの債権者委員会のメンバーであるMagdalena Gronowska氏は、資金はEYによって動かされなかったと述べました。EYによる以前の報告では、ウォレットにアクセスできるのはCotten氏だけだったという。

正直なところ、このことは誰にもわかりません。これは、ただでさえ奇妙で怪しげなストーリーに、さらに謎を重ねただけです。唯一確かなことは、Gerald Cotten氏が詐欺師で、QuadrigaCXが詐欺師だったこと、そして、彼だけが管理していたはずのコイン、彼が亡くなったことから失われたと思われていたコインが、再び動き出したということです。

つまり、Cotten氏が生きているか、他の誰かがそのウォレットにアクセスしているかのどちらかです。もしそれが合法的なものであったなら、お聞きしたいのですが、なぜ彼らはミキシングサービスに資金を送るのでしょうか?