ビットコインアドレスの過半数が水面下に

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ビットコインアドレスの過半数が水面下に

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

ビットコインは、歴史上最も加速度的に成長している資産クラスの一つです。

14年前に1円の端数で取引されていたビットコインは、昨年69,000ドル近くまで駆け上がりました。

ビットコインの供給量のほとんどが赤字であることがいかに注目に値するかは、このような法外な利益を背景にしたものです。ビットコインの現在の価格と、各アドレス内のコインが最後に動いた時の価格を比較すると、利益が出ているアドレスはわずか49.4%です。

         

9月に50%を下回ることが何度かありましたが、それを除けば2020年3月のCOVID-panic以来、大多数のビットコインアドレスが赤字になったのは初めてのことです。

人間の感情

おそらく、このどこかにFOMOの教訓があるのでしょう。

暗号通貨は常にメディアの報道、ズームチャットルーム、主流の意識に存在し、ネットワークの大部分が水面下にあることで、パンデミックの間に暗号市場にどれだけの資金が注ぎ込まれたかは驚くべきことです。

さらに2010年のビットコイン誕生までズームアウトすると、後年、価格が急上昇し、気づいた時には利益が出ているアドレスの数が激減していることがわかります。

         

これは、私たちがすでに知らないことを示すものではありませんが、それでも、この弱気相場がいかに残酷であるかを強調するものだと思いました。2018年の弱気相場を振り返ると、利益のアドレスが40%を切ったところで底を打ったのです。

2020年3月は、COVIDが蔓延したときで極端な異常値ではありますが、45%を割り込みました。

しかし、その文脈とは一体何なのでしょうか?実は、ここでの以前の暗号の冬からの指標は、ほとんど関係ないと思っています。流動性が非常に乏しく、ビットコインがインターネットの片隅に限定されていた当時と比較するには、暗号はもうあまりにも進化しすぎています。主流の金融資産ではなかったので、これらの時代の研究から多くのことを引き出すのはためらわれます。

第二に、これまでのサイクルは、すべての金融資産にわたる弱気相場と連動して発生したわけではありません。株式市場は2009年以降、止まることのない上昇を記録しています。この年は、サトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパーを発表し、暗号を実質的に発明した年です。

つまり市場の弱気や、あえて言うなら不況が続いている間は暗号は存在しなかったのです。このことを念頭に置き、過去のサイクルとの比較は慎重に行う必要があります。これは必然的にバウンスバックするのをただ待っているような場合ではありません。

それこそ起こるかもしれません。しかし私が言いたいのは、そのような盲目的な楽観論は見当違いだということです。これは暗号にとって前例のない環境です。

そして、赤字であることよりも赤字でないことの方が、いかに我々が落ちぶれたかを示しています。