ホームニュースMaker(MKR)の価格はライジングウェッジが形成されるため、まもなく急落する可能性

Maker(MKR)の価格はライジングウェッジが形成されるため、まもなく急落する可能性

Crispus Nyaga

投資家がDeFi業界とそのDaiステーブルコインの強さを評価しているため、Makerの価格は過去数日間で統合モードになっています。 MKRは1,544ドルで取引されており、これは最近と同じ範囲です。この価格は先週の最低水準から64%以上上昇しました。今では14億ドル以上になり、世界で51番目に大きなコインになっています。

MKRのラリーは霧散

Makerは、105億ドル以上がエコシステムに固定されている世界最大のDeFiプラットフォームです。Maker Governanceが提供する担保資産を活用して、Daiと呼ばれるステーブルコインを生成できる分散型自律組織(DAO)です。

Daiは、TetherやUSD Coinとは比較的異なるステーブルコインです。この2つとは異なり、米ドルにソフトペッグされていますが、その性質上分散型であり、担保資産はMakerの保管庫に預けられます。

Terra LUNA、Terra USD、そしてAnchor ProtocolやAstroportといった系列のDeFiネットワークが崩壊した後、投資家がDaiを受け入れたため、Maker価格は過去数日で急激に上昇しました。ここ数日で、Daiの時価総額は60億ドル以上に跳ね上がり、世界で17番目に大きなコインとなった。TetherとUSD Coinに次いで、世界で3番目に大きなステーブルコインとなったのです。

それでも、そのエコシステムを詳しく見ると、Terraの崩壊後、人々はネットワークから現金を引き出していることがわかります。ネットワーク内のトータルバリューロック(TVL)は約105億ドルに減少しました。これは、昨年7月以来の最低額です。ピーク時には、TVLは200億ドルを超えていました。

Maker価格予測

4時間足チャートは、MKR価格が過去数日間で横ばいになったことを示しています。相対力指数とストキャスティクスが下向きに傾いている間、コインは25日間の移動平均をわずかに上回りました。

ただし、よく見ると、コインが上昇ウェッジパターンを形成していることがわかります。これは通常、弱気の兆候です。したがって、Makerの見通しは弱気であり、注目すべき次の主要なサポートレベルは1300ドルです。 1,650ドルのレジスタンスレベルを超える動きは弱気な見方を無効にします。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。