ホームニュースミームトークンBobatama(BOBA)は7日間で168%増加:背後にある力とは?

ミームトークンBobatama(BOBA)は7日間で168%増加:背後にある力とは?

Shiba inu(SHIB)やDogecoin(DOGE)など、犬をテーマにしたミームコインの多くが荒波を航海している中、Bobatama(BOBA)は過去7日間の上昇で海岸を奪っているように見えます。

過去7日間で、BOBAは168.6%上昇しましたが、今週は今日約15%下落し、引き揚げで始まりました。一方、Shiba inuは過去7日間で4.29%下落し、今日もまだ下落中です。Dogecoinは先週3.69%下落しました。

今回は、ビットコインやイーサリアムなどの人気コインの大半がほとんど大きな利益を上げなかったこの1週間、Bobatama(BOBA)価格が強気に推移した要因を検証していくことにしましょう。

Bobatama(BOBA)とは?

Bobatamaが上昇している理由を調べる前に、それが何であるかを説明することが不可欠です。

イーサリアムネットワークで発売されたBobatamaは、スターウォーズのキャラクターであるボバフェットをベースにしたミームベースのトークンです。 BOBAと表記されています。

BOBATAMAの背後にあるユーティリティは、BOBATAMAのForce Ghostテクノロジーを使用して構築された、史上初のイーサリアム仮想マシン(EVM)互換のマルチチェーンウォレットであるBOBAMASKです。

なぜBOBAの価格が上昇しているのですか?

BOBAの価格が高騰し、勢いを増している理由の1つは、CoinMarketCapのトレンドセクションで取り上げられたためです。クジラの注目を集めたもので、そのうちの1人が1回の取引で38ETH相当のBOBAトークンを購入しました。

BOBAは、その強気な勢いの主な推進力として成長するコミュニティを特徴としているため、チームがGhost ForceテクノロジーとBobamaskウォレットの約束を果たし続けると、さらに大幅な価格上昇が見込まれます。

Ghost Forceテクノロジーは、ブロックチェーンでの匿名トランザクションを可能にしますが、Bobamaskウォレットは暗号ユーザーに対してモバイルとWeb3の両方の互換性があり、MetaMaskのようにNFTをウォレットに統合します。

BOBAホルダーの分布によると、トップホルダーは39%以上の供給量を持つアドレスです。アドレスがすぐにでもトークンを捨てることを決めない限り、BOBAの見通しは強気でしょう。しかし、素晴らしいビジョンと成長するコミュニティにより、Bobatamaは不可能を達成するでしょう。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。