ホームニュースMetaMask iPhoneユーザー、Apple Payで暗号通貨を購入可能に

MetaMask iPhoneユーザー、Apple Payで暗号通貨を購入可能に

3月29日火曜日、人気のあるイーサリアム暗号ウォレットは、ApplePayの統合を含むモバイルバージョン4.3.1のアップデートを発表しました。

Appleは、それ自体では暗号取引を直接サポートしていません。したがって、ApplePayは暗号をサポートするWyreと統合する必要があります。

クレジットカードとデビットカードで暗号を購入

MetaMask Appleユーザーは、ApplePayを通じてクレジットカードとデビットカードを使用して暗号通貨を購入できるようになります。これは、暗号を購入するためにETHをApplePayに送信する必要がないことを意味します。

Apple PayとMetaMaskの統合後、Apple Payユーザーは、Mastercard、Visaカード、またはWyreAPIを使用して1日あたり最大400ドルを入金できるようになります。

その他のアップデート内容

Apple Payの統合に加えて、MetaMaskはガスレストランザクションのサポートを導入しました。これは、プライベートブロックチェーン、またはユーザーに代わってガスのプロトコル支払いによって可能になります。

このアップデートにより、MetaMaskはよりユーザーフレンドリーになり、より多くのユーザーを引き付けることができます。 3月中旬に、MetaMaskは月間ユーザー数が3000万人を超え、最も人気のある暗号ウォレットの1つになったと報告されました。

3月16日、ConsenSysのCEOであるJoseph Lubin氏は、MetaMaskが年内に独自のトークンとDAOをリリースすることを発表し、ユーザーはUniswapのようなエアドロップに期待しています。ConsenSysはMetaMaskウォレットを支える企業で、最近4億5000万ドルの資金調達ラウンドを完了しました。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。