ホームニュースMetaSyndicate、イーサリアムNFTにhold-to-earnをもたらす

MetaSyndicate、イーサリアムNFTにhold-to-earnをもたらす

Isaac Asimov'の作品から着想を得たWeb3.0プラットフォームであるMetaSyndicateが、イーサリアムメインネット上のNFTに新しい効用、hold-to-earnをもたらしたことが、コインジャーナルのプレスリリースから判明しました。

これにより、BAYC、Bored Ape、Crypto Punks、Crypto Kittiesといった世界有数のNFTプロジェクトに仲間入りしました。

H2Eとは何ですか?

MetaSyndicateは、アイドルプレイの成長を加速することにより、高度なHold-To-Earn(H2E)テクノロジーを通じてゲーム開発を改善します。堅牢で強力なエコシステムにより、NFT保有者はデジタル経済で繁栄することができます。

このプラットフォームは、成功に必要なツールでコミュニティメンバーをサポートする教育プログラムを提供し、高利回りの資産の宝庫も提供しています。 MetaSyndicateのチームは次のようにコメントしています。

「私たちの使命は、プレイヤーのギルドを活性化し、地域コミュニティを可能にし、どこからでもユーザーに報酬を与えることです。私たちは、慈善活動と経済的機会を通じて人々の生活を向上させる事業に携わっていることを誇りに思っています。私たちは、世界中の10億人以上のアクティブなゲーマー全員をP2E経済に参加させ、所有者とエコシステム全体の利益のためにWeb3の未来を形作る手助けをすることを目指しています。」

最初のギルドは345ETHの資金調達でスタート

最初のMetaSyndicateギルドは、345ETHの資金で始まります。 2,000人以上のゲーマーを擁するMetaSyndicateコミュニティは、既存のプレイツーアーンズアセットを改善し、今後のアセットをテストするために、自分のペースで独立したシステムを開発しました。

MetaSyndicateについて

MetaSyndicateは、メンバーが未開拓の可能性を解き放つことを可能にすることに取り組んでいます。彼らは、メンバーが社会的相互作用を練習し、リハーサルできる安全で支援的なオンライン環境を作成することによってこれを達成します。

プラットフォームの使命は、メタバースを安全で包括的で公平な空間にすることを目的としています。チームは、P2Eアセットを通じてプレイヤーに一定の報酬を提供します。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。