ホームニュース暗号への投資に関心を持つ機関が増えているとNEARのCEOが語る

暗号への投資に関心を持つ機関が増えているとNEARのCEOが語る

機関投資家は、資産を直接取得したり、暗号に特化したプロジェクトに投資したりして、暗号通貨業界に徐々に参入しています。

NEAR FoundationのCEOであるMarieke Flament氏は、ますます多くの機関が暗号通貨への投資を計画していると考えています。

彼女は、現在開催中のパリブロックチェーンウィークサミットでのインタビューで、このように述べました。Flament氏によると、Web2企業がWeb3へと移行することで、暗号通貨分野への機関投資家の参加が増えているとのことです。彼女は次のように述べています。

機関投資家は、この分野を理解し、どこに参加できるかを理解しようとする意欲が非常に強いと見ています。

暗号通貨は、世界の様々な地域で、まだほとんど規制されていません。Flament氏は、機関投資家が暗号通貨産業にどの程度関与するかを決定する上で、規制が大きな役割を果たすと考えています。

またNEAR Foundationの優先事項の1つは、暗号エコシステムの規制の先頭に立つことを支援することであると付け加えました。彼女は次のように述べています。

「私たちは、業界のための声を持ち、最終的に規制当局と一緒になることで、より協調する必要があります。」

米国を含むいくつかの国は、急成長している暗号通貨業界を適切に規制するためのポリシーの展開に取り組んでいます。

暗号のエコシステムでは、分散型自律組織(DAO)の人気が高まっています。Flament氏は、DAOの出現と、DAOが暗号通貨スペースに提供するものに期待していると指摘しました。

DAOの分散型の性質は市場にとって大きなプラスであり、Flament氏はそれらの多くをNEARブロックチェーンに引き付けるつもりです。

NearブロックチェーンのネイティブトークンであるNEARは、時価総額で主要な暗号通貨の1つです。これは時価総額で18番目に大きい暗号通貨であり、最も急速に成長しているものの1つです。

プレスリリース時、NEARは1コインあたり15.69ドルで取引されており、史上最高値の20ドルから20%以上下落しています。NEARは、より広い暗号市場が不調であるため、過去24時間にその価値の3%以上を失っています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。