ビットコインの供給量のほとんどが赤字に

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ビットコインの供給量のほとんどが赤字に

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • ビットコインは2011年から2021年の間、最もパフォーマンスの高い資産クラスでしたが、2022年は苦痛しかもたらしませんでした。
  • 2020年3月のパンデミックローから2021年11月の史上最高値68,739ドルまで14倍上昇した後、ビットコインはリスクオフ環境の中で苦戦を強いられています。
  • プルバックがあまりに激しく、供給量の大半が損切り状態になっています。

ビットコインにとって、それは一体なんだったんでしょう。

2022年という章を閉じるにあたり、パーティーはほとんどの人にとって悪夢と化しています。文字どおり、ほとんどです。なぜならこれを書いている時点で1924万ビットコインという ビットコインの供給量の大半が 損失状態にあるからです。

この傾向については以前にも書いていますが、上のグラフが示すように、以前は供給量の50%以上が赤字の状態であったのです。しかし、Bankman-Fried氏が暴露した後、市場は再び急降下しています。

2011年から2021年までの10年間、ビットコインは世界で最もパフォーマンスの高い資産クラスであったことを考えると、これは非常に悲観的な統計です。1円玉の端数から昨年69,000ドル近くまで爆発的に増加し、多くの人々を大金持ちにしました。

しかし、パンデミック時に購入した人は、全く違う話になっていると思われます。上のグラフを10年前にさかのぼってみると、その浮き沈みがよくわかるでしょう。

ビットコインにとって前例のないマクロ環境

目に余るのは、ビットコインの歴史上初めて広い経済圏で弱気相場が発生していることです。

2009年に発売されたビットコインは、2022年まで金融史上最も長く、最も爆発的な強気市場の一つを享受していました。リスク資産は軒並み高騰し、S&P500は金融大暴落の最安値から2022年初頭の水準まで7倍のリターンを記録しました。

暗号通貨空間におけるスキャンダルと特有なリスクは、今年も数多くありました。暗号業界で間違いなく事態を悪化させた出来事にもかかわらず、ビットコインは、ビットコインが高リスク資産ではないという考えをあざ笑うような広いマクロ環境のために急落したのです。」とCoinJournalのディレクターであるMax Coupland氏は、ビットコインの2022年の価格行動評価で述べています。

この点、ビットコインの価格水準をS&P500に対してプロットすると、すべてが健全に見えます。ただ、2022年のスタート地点でチャートを切っています。

下のチャートも同じように、S&P500とビットコインをプロットしています。今回は2022年に焦点を当て、株式市場とビットコインの両方が急落していることを示しているのみです。

「ビットコインは無相関」というシナリオは終わった

もちろん、ビットコインは無相関であるというシナリオは完全に終わっています。それだけでなく、ビットコインはインフレヘッジであると結論づける人がいた誤った考え方が、愚かであることが証明されたのです。

他に言いようがないほど、ビットコインはハイリスク資産のように取引されてきました。

実際、ハイリスク資産のように取引され、市場が急騰し、すべてのリスク資産が急騰した2011年から2021年の間に10年間で最もパフォーマンスの高い資産となっただけでなく、現在はその逆で、ほぼすべての資産よりも悪いパフォーマンスになっています。

そのため、最も好調な資産であることを証明するような上昇を見せたものの、現在では損失の出るポジションをとっている投資家が供給のほとんどを占めているという事実を防ぐには十分ではなくなっているのです。

データを使用する場合は、https://coinjournal.netのリンクをいただければ幸いです。リンクを貼っていただくことで、データ解析の研究を継続的に提供することができます。

研究方法

  • オンチェーンデータ:Glassnode

  • S&P500とビットコインの価格データ:Yahoo

  • ビットコイン「2011年から2021年にかけて最もパフォーマンスの高い資産クラス」:Yahoo Finance