ホームニュースNayib Bukele大統領、エルサルバドルのビットコイン法を「恐れている」と米国を非難

Nayib Bukele大統領、エルサルバドルのビットコイン法を「恐れている」と米国を非難

エルサルバドルのNayib Bukele大統領は水曜日、ビットコイン法をめぐる同国の活動に対する恐怖と称する米国政府への失望を表明しました。

Bukele大統領のコメントは、米国上院がエルサルバドルのビットコイン導入に触れた法案を採決するというニュースの後に出されたものです。

エル・サルバドルの暗号通貨に関する説明責任法(ACES)」と名付けられたこの法案は、委員会段階を通過し、米国上院での投票にかけられることになります。

「ACES」は2月に導入され、エルサルバドルがBTCを法定通貨として採用することに伴う、起こりうるリスクへの緩衝材として前面に押し出されています。

米国政府が、われわれがここでやっていることを恐れるとは、夢にも思わなかった。」とBukele大統領はコメントを発表しました。

この法案により、米国の議員たちはエルサルバドルのビットコイン法が米国の金融システムにリスクをもたらす可能性を「懸念」しています。この法案の推進者は、犯罪組織や中国への権限委譲など、潜在的なリスクを軽減するための規制の枠組みの一部として、この法案を推進していると言われています。

投票により成立した場合、国務省と財務省は、そのような事態を防ぐための方法を検討することが期待されます。

米国上院の投票は、エルサルバドルのビットコインの法定通貨としての採用に懸念を表明したり、反対を検討したりする人々の輪がますます広がっていることを示す新たな印となりました。IMFと世界銀行は以前それについて話しており、IMFは今年初め、エルサルバドルにビットコイン法を「取り下げる」よう求めています。

しかし、これらにもかかわらず、同国は10億ドルのビットコイン債券を発売するなど、「実験」を進め続けています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。