ホームニュースニューヨーク州議会、PoW鉱山を2年間禁止する法案を承認

ニューヨーク州議会、PoW鉱山を2年間禁止する法案を承認

州内のビットコインマイニングによって引き起こされる環境への影響を制限するために、ニューヨーク州議会は昨日法案を可決し、管轄内のすべての新しいプルーフオブワーク(PoW)暗号通貨マイニング施設を2年間禁止しました。

この法案は、ニューヨークのアースデイパッケージの一部として可決されました。

州議会議員のAnna Kelles氏は、彼女がスポンサーとなった法案で、電力消費を増やそうとしている既存のPoW暗号施設に対する許可の更新を保留することをTwitterで発表しました。

ただし、禁止は州内の動力源として炭素ベースの燃料を使用する採掘事業にのみ拡大されます。

賛成95名、反対52名で、法案は州議会の承認を受けるという重要な段階を通過しました。これは、州上院の支持を集めるために、Kevin Parker上院議員によって引き継がれます。この段階を経て、法案はKathy Hochul知事に届けられ、知事は法案に署名するか、拒否権を発動するかを選択できます。

法律として実施された場合、提案は環境保全省(DEC)に、温室効果ガス排出と公衆衛生に対するPoW鉱夫の影響を特定、カウント、評価するための「一般的な環境影響ステートメント」の提示を任務とします。

この法案には、暗号擁護団体Blockchain Associationが断固として反対し、「プロテク、プロイノベーション、プロ暗号」のニューヨーカーに、法案に反対する上院議員への手紙を呼びかけました。

法案可決後、同協会は下院でその効果に関する3時間の議論が行われ、「推進派が考えていたよりもマイニング禁止に大きな反対意見が示された 。」と主張しました。同擁護団体はツイートで、今後も「反テクノロジー法案」に対して戦っていくことを示しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。