暗号市場に戻る正常性、オンチェーンデータが示す

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

暗号市場に戻る正常性、オンチェーンデータが示す

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

ここ数カ月、暗号化市場はおおむね平穏に推移してきました。ビットコインは長い間、2万ドル付近で蟹の動きをしており、より広いマクロの状況が動き出すのを待ちながらゆっくりと動いていたのです。

私は10 月下旬に、この値動きには注意が必要であり、ビットコインは攻撃的な下降軸から弱気なイベントが 1 つ遠ざかっている可能性があると書きました。しかし、この業界の優良企業の1つであるFTXが不可解なことに債務超過に陥り、暗号が骨抜きにされる事態になるとは思いもよりませんでした。

これは明らかに市場を揺るがしたのです。先週、私は、ビットコインを保管する中央組織に対する人々の信頼が当然ながら過去最低となったため、取引所からのビットコインの流出がいかに激しかったかを評価しました。

私は昨日、FTX の崩壊以来、20 万枚のビットコインが取引所から流出したことを確認しました。しかし、現時点ではデータは市場が少し落ち着いていることを示唆しています。そしてマクロが何らかの刺激を与えるか、暗号に特化した予想外の展開が現れるまでは横ばいの状態に入る可能性があるようです。

塵も積もれば山となるを実証する最初の方法は、ビットコインのボラティリティを見ることです。Sam Bankman-Friedの「ゲーム」が公開されると、明らかに急上昇しましたが、ここ数週間は上昇を続けた後、ここ数日はより標準的なレベルまで下がっています。

もう一つの見方は大口取引の落ち込みです。これらの取引(10万ドル以上と定義)は、破産前後の数日間に急増しましたがその後徐々に下落し、2022年の大半を通じて見られたのと同じレベルに戻っています。

追跡するのに便利なもう一つの指標は、移動したコインの正味実現損益です。これは危機的な状況下で価格が急落した場合に急増し、市場が落ち着くと通常0ドル台まで回復します。

下のチャートはこれをよく表しており、11月9日の取引では20億ドルの損失を計上し、11月18日には43億ドルの損失でこれを上回りました。これはCelsiusの暴落(42億ドルの損失)やLuna(25億ドルの損失)後の最悪のマークよりも低いものです。

これはビットコイン価格の継続的な下落圧力を反映していますが、トレンドは再びゼロに近いところまで跳ね上がっています。

FTXはエコシステムの中心的存在であり、その破綻は当然ながら市場を揺るがしました。先日書いたように、この伝染は終わっていないのです。

しかし先週あたりのデータは、暗号市場に平常が戻りつつあることを示唆しています。今後しばらくは再び水を差すかもしれないでしょう。中国がロックダウン後に開放し、最新のインフレ数値が迫り、EUがロシアの原油輸入を禁止するなど、マクロには確かに多くのことが起こっているのです。

暗号投資家は、当面の間、暗号ネイティブのスキャンダルがなくなることを祈るのみです。