ホームニュース石油大手Exxon、暗号マイニングの電力源となるガスを4カ国に拡大するパイロットプログラムを開始

石油大手Exxon、暗号マイニングの電力源となるガスを4カ国に拡大するパイロットプログラムを開始


Exxon Mobil Corporationは、ノースダコタ州の油井からの余剰天然ガスを使用してパイロットプログラムを実施しています。このプログラムに詳しい関係者によると、巨大石油企業はこのプロジェクトを世界中の他の4つの場所で再現するつもりとのことです。

パイロットプログラムの一環として、ExxonはCrusoe Energy Systems Inc.と、Bakken Shale Basin油井からのガスを使用し、ビットコインマイニングサーバーをオンサイトで実行するために使用されるモバイル発電機に電力を供給する契約を締結しました。

パイロットプログラムは2021年1月に開始され、同年7月までに、ガスを輸送するのに十分なパイプラインがなかったために燃え尽きてしまう天然ガスをすでに最大1,800万立方フィート使用していました。

パイロットプログラムの拡大

Exxonは現在、アラスカ、アルゼンチンのヴァカムエルタ頁岩フィールド、ナイジェリア、ドイツのクアイボエターミナル、ガイアナで同様のパイロットプログラムを実施することを検討しています。

ブルームバーグとのインタビュー取材に応じた内通者の一人は、こう語っています。

Exxonは、2030年までに日常的なフレアリングを止めるという世界銀行の呼びかけに応えることを期待しています。」と、広報担当のSarah Nordin氏はメールにて語りました。また彼女は、「パイロットプロジェクトに関する噂や憶測」についてのコメントは避けています。

Exxonの推進力は、気候変動との戦いを支援するために石油とガスの生産者に二酸化炭素排出量を削減させるという推進力が高まっている中で起こります。二酸化炭素排出量を削減する方法の1つは、現場で燃焼する天然ガスの量を削減することです。

同時に、暗号通貨の採掘者は、国の送電網から電力を得る代わりに、油井からの安価なガスを使用して採掘作業に電力を供給することを急いでいます。クリプトマイニングに電力を供給するためにガスを使用する場合でも、ガスを燃焼させて二酸化炭素を大気中に放出する必要がありますが、ガスを無料で燃焼する場合と比較して、エネルギーは少なくとも使用されます。

先月、ConocoPhilips社は、ノースダコタ州のバッケン・シェール流域の天然ガスをビットコイン・マイニング会社に供給していることを認めました。シェールオイルは大量の余分なガスを発生させますが、そのほとんどは燃やされてしまいます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。