ホームニュースPeter Thiel氏、Warren Buffett氏をビットコインの「敵ナンバーワン」と酷評

Peter Thiel氏、Warren Buffett氏をビットコインの「敵ナンバーワン」と酷評

PayPalとソフトウェア技術企業パランティアの共同創業者で億万長者のPeter Thiel氏が、Berkshire HathawayのCEO、Warren Buffett氏をビットコインの「一番の敵」だと非難しました。

Thiel氏は、マイアミで開催されたBitcoin 2022カンファレンスで、Buffett氏やその他の「敵リスト」についてのコメントを発表しました。基調講演でThiel氏は、暗号通貨について最も否定的で、最も直接的な方法でそれを行っているのは、米国の大物で投資の第一人者であるBuffett氏だと述べました。

PayPalの共同設立者によれば、ビットコインの採用を阻むために働いている人々を暴露する時期が来ており、「オマハの社会病質的なおじいちゃん」ーBuffett氏を指すーはその筆頭に挙げられると述べています。

Bitcoinに関する彼の初期の発言の1つで、Buffet氏はBitcoinを「殺鼠剤」だと言い、暗号通貨を所有することは決してないと発言しました。

「深く政治的な」選択

Buffet氏以外に、Thiel氏はJP MorganのCEOであるJamie Dimon氏と世界最大の投資マネージャーであるBlackRockのCEOであるLarry Fink氏を批判しました。

彼は、これらのファンドや銀行からの投資が不足しているのは、ウォール街に対する制度的および政治的偏見に他ならないためだと指摘しています。彼によると、ほとんどのお金と投資マネージャーはブロックチェーンの利点を宣伝する準備ができていますが、ビットコインに関しては、それなら無価値でリスクが高いと述べています。

彼らは資金の一部をビットコインに配分する必要がある。」と彼は指摘し、これを実現するために暗号コミュニティは「背中を押す」する必要があると付け加えました。

彼は、ビットコインへの割り当ての失敗を、単に「非常に政治的」な選択であり、暗号に対する理解とは全く関係がないことだと言っています。  

Thiel氏は、ビットコインの価値は今後も指数関数的に上昇すると考えており、そのためにはコミュニティの間違ったシナリオに対する反発が鍵になると考えています。彼は、ビットコインがここからさらに 「10倍、100倍 」を見なければならないのなら、それが必要だと言ったのです。

ビットコインは金曜日に約43,000ドルで取引されていましたが、先週は約5%下落しました。暗号通貨は、暗号市場にカスケードされた株式のドローダウンとして、48,000ドルの高値から後退しました。 2021年11月、ビットコインは6万9千ドルを超える史上最高値に急上昇しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。