ホームニュースポッドキャスト:ミームはブランドを再構築し、実際の有用性を提供することができるのか?ーHOKK Finance ディレクター Mark Basa氏

ポッドキャスト:ミームはブランドを再構築し、実際の有用性を提供することができるのか?ーHOKK Finance ディレクター Mark Basa氏

Dan Ashmore

ミーム。ミーム投資という謎めいた概念は 何よりも私たちが実は シミュレーションの中で生きていることを象徴していると思います。

2021年1月、Redditorの一団がウォール街と対決し、Gamestopの株価を信じがたいほど上昇させたことを誰が忘れることができるでしょうか?冗談で作った暗号通貨Dogecoinが、世界一の金持ちに採用され、時価総額が900億ドル近くになったことはどうでしょう?

https://twitter.com/billym2kstatus/1392952014854778883?lang=en

Hokkaido Inu

Hokkaido InuはDogecoinの成功に便乗した多くのミームの1つでした。時価総額8億ドルをピークに、創設者たちから見放され、99%暴落しました。強気市場のヒステリーでしょうか?

しかし今日 「ミームによって駆動」するDeFiプレーヤーとして自分自身を再発明しています。ミームについてどう思うかはともかく、面白いのは間違いないでしょう。もちろん、ミームにはダークサイドもあります。無実の個人投資家がクリエイターによるパンプ・アンド・ダンピングのようなスキームの出口流動性として利用されることもあるのです。何が許されるのか、規制の問題もあります。

しかし、何千、いや何百万というコミュニティは、どう転んでも大きな価値があるので、魅力的なネットワーク効果もあるのです。では、このようなコミュニティとブランド力を、どのようにして合法的なビジネスに転換するのでしょうか。Hokkaido Inuミームコインの灰から立ち上がることを願うHOKK Financeは、その答えを出そうとしているのです。

Mark Basa氏とのポッドキャスト

Mark Basa氏は2011年から暗号に携わり、様々なプロジェクトや分野に携わってきました。彼は様々な分野を彷徨い、現在ではHOKKに焦点を当て、当初は単なるバイヤーとしてプロジェクトに参加し、ディレクターとして働いています。

コインジャーナルのポッドキャストの最新エピソードでMark氏と対談し、ミームに関するあらゆることーダークサイド、詐欺、陶酔、ネットワーク効果、規制、なぜミームに価値があるのかなど、多くのことを議論しました。

いつもとは違う楽しいものでした。どうせ全部シミュレーションなんですからね。

Spotifyリンクー> こちら

タグ: