ホームニュースPolygon、ユニークな「社会実験」NFTコレクションを鋳造

Polygon、ユニークな「社会実験」NFTコレクションを鋳造

オランダのアーティストDadaraとNFTデジタル著作権管理プラットフォームRAIRtechによる社会実験により、アーティストが30年前に命を吹き込んだキャラクターCryptoGreymanのデジタル的に同一のNFTが79億個作成されたことが、CoinJournalのプレスリリースから判明しました。

世界中の難民受け入れを支援

このプロジェクトは、世界各地で難民の受け入れに尊厳を持つことを目指すNPO、Movement on the Groundと協力し、今までになく重要な課題となっています。

難民は亡命するために必要な身分証明書を取得するのに苦労しており、政府はしばしば難民を恐ろしい状況から逃れてきた人々ではなく、書類作成の担い手とみなしています。

Polygonはドロップを鋳造するためにL2を提供

ポリゴンは、2月22日午後2時22分(米国東部時間)に行われたドロップを鋳造するために、レイヤー2ソリューションを提供しました。しかし、このプロジェクトはどのようなものなのでしょうか?NFTは物理的には同じものですが、それぞれにシリアルナンバーがあり、鋳造された順番に記載されています。このコレクションのNFTは、1枚あたり1MATICです。

Dadaraは以下のようにコメントしています。

私はこれを、合意のある現実の檻を揺るがし、話を盛り上げることのできる、死んだような真剣な悪ふざけと見ています。これは、結果が予測できない実験なのです。特定のNFTが他より優れているわけではありませんし、鋳造価格は広く入手可能なので、個々のCryptoGreymanホルダーがどんな価値をもたらすかを見るのは興味深いことでしょう。

RAIRtechのCTOであるGarrett Minks氏は次のように付け加えました。

今年、このNFTの「ステータスシンボル」のアイデア全体が実際に発展し、人々はBored Ape NFTまたは他のPFPプロジェクトに数十万ドルを費やし、そのデジタルの独自性を定義するものとして使用するようになりました。このプロジェクトはより民主化されており、参入障壁は意図的に低くなっています。人がCryptoGreymanを購入するとき、その添付のシリアル番号は彼らのものです。その数は、彼らがそれを維持することを選択した場合、時間の終わりまで、またはブロックチェーンが存在しなくなるまで、彼らのものになります。

社会的認識を変革するWeb3の可能性

このプロジェクトは、企業や政府が人々を数に減らす一方で、ソーシャルメディアが彼らに劇的にユニークであるように圧力をかけているという見解を反映しています。

この矛盾を背景に、このプロジェクトは、人類のより現実的な描写を作成するWeb3の可能性についての議論を刺激することを望んでいます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。