ホームニュースPolygon、2022年のカーボン・マイナス達成を宣言

Polygon、2022年のカーボン・マイナス達成を宣言


Polygonは、「グリーン・マニフェスト」を発表しました。これは、今年中にカーボン・マイナスにすることを約束するものです。

また、エコシステム、顧客、地球にとってより持続可能な未来を構築するために、多層的な持続可能な開発戦略を実施するために2000万ドルを約束したと、コインジャーナルはプレスリリースから明らかにしました。

第一弾はKlimaDAOと協業

最初のイニシアチブは、初期のオンチェーン炭素市場を促進する最も著名な支持者であるKlimaDAOとの協力です。

KlimaDAOは、Offsetraと提携してネットワークの炭素強度を評価し、排出量管理と緩和戦略に情報を提供するためのカーボンフットプリント分析をPolygonに提供しました。

完了した分析には、ステーキングノードハードウェアからの排出量、それらの操作のエネルギー消費からの排出量、およびイーサリアムメインネットと直接相互作用する契約からの排出量が含まれます。

排出量の99%を占めるイーサリアム

分析によると、イーサリアムメインネットでのトランザクションを伴うチェックポイントとブリッジングアクティビティが、Polygonの排出量の99%以上を占めています。ネットワークが作成されて以来、チェックポインティングは16,000トンを超える排出量をもたらし、ブリッジングは74,000トン近くをもたらしました。

2022年2月の時点で、ネットワークの開始以来のPolygonの総排出量は90,654トンの炭素でした。

カーボンクレジットを購入するPolygon

Polygonは、自社のエコシステムのカーボンインパクトを相殺するため、KlimaDAOのオンチェーンカーボンマーケットKlima Infinityを通じて、高品質で追跡可能なBCTおよびMCO2のカーボンクレジットを購入し、90,654トンの炭素をオフセットします。

Polygonは、このデータを実証し、妥当性を確認するために、Crypto Carbon Ratings Institute (CCRI) に二酸化炭素排出量の二次監査を依頼しました。

排出権オフセットに2,000万ドルを誓約

Polygonは、炭素排出量を相殺し、一連のコミュニティイニシアチブを実施するために2,000万ドルを約束しました。彼らは、持続可能な実践に重点を置くことを維持するために、気候変動と闘う、あるいは解決するための技術を用いたプロジェクトに資金を提供する予定です。

Polygonは、Polygon PoS、Polygon Edge、Polygon Avail、Polygon Nightfall、Polygon Hermezなどのスケーリングソリューションによって、イーサリアムの使いやすさと生態学的な実行可能性を向上させます。エコシステムの持続可能性の誓約は、イーサリアムのPoSへの移行に先行します。これにより、ネットワークのエネルギー消費量がほぼ99%削減されます。

Polygonの共同創設者であるSandeep Nailwal氏は、次のようにコメントしています。

「私たちは人類の歴史の決定的なポイントに到達しました。次の10年以内に私たちがとる行動は、地球全体の運命を決定します。概説した対策は、Polygonエコシステムの排出を排除する可能性がありますが、大規模な気候危機と戦うために必要な種類の変化をもたらすには十分ではありません。 Polygonとともに、より広範なブロックチェーン業界は、地球を破壊するのではなく、地球を癒すのに役立つテクノロジーに資金を提供し、サポートし、活用するために統一戦線を形成する必要があります。」

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。