ホームニュース不動産DeFiプラットフォーム「CitaDAO」 MEXCにトークン上場へー買うべきか?

不動産DeFiプラットフォーム「CitaDAO」 MEXCにトークン上場へー買うべきか?

不動産業界の主要なDeFiエコシステムであるCitaDAO(KNIGHT)は、ネイティブトークンKNIGHTをMEXC取引所に上場する計画を発表しました。上場により、長期的にはコインの露出が増えると予想されます。しかし、実際にそれを購入する必要がありますか?分析は以下のとおりですが、最初に、いくつかの注目すべきハイライトがあります。

  • MEXCのKNIGHTリストは、今年3月16日に開始されます。

  • MEXCは、600万人を超えるユーザーを抱える最大の取引所の1つです。

  • リストが完了すると、KNIGHTはまともなバンプを見ると予想されます。


データソース:Tradingview

CitaDAO(KNIGHT)–トケノミクスとファンダメンタルズ

ブロックチェーン技術の不動産への応用は、多くの可能性を秘めています。このニッチなエリアでいくつかのプロジェクトが開始されるのを見てきましたが、CitaDAO(KNIGHT)は本当に強化されています。

実際、このプロジェクトは最近、Genesis上で「Real Estate On-Chain」というアプリを立ち上げました。このアプリでは、ユーザーが不動産プロトコル内で安定コインをステークすることができ、それを使って実物資産に投資することができます。しかし、MEXCへの上場は巨大なものになりそうです。

いつものように、コインが主要な取引所に上場すると、通常、急騰する。CitaDAO(KNIGHT)もそうであると期待しているわけではありません。何しろ、MEXCは600万人近いユーザーを抱えるプラットフォームなのですから。プレスタイムでは、CitaDAO(KNIGHT)は0.04857ドルで取引されており、過去24時間ではほとんど変化していません。このコインは、同じくイーサリアムネットワークをベースにしています。

なぜCitaDAO(KNIGHT)は良い投資になるか?

ブロックチェーンエコシステム内の不動産プロジェクトは熱くなり始めています。しかし、多くの専門家は、DAOが不動産を分散型エコシステムに統合するための最良の方法を提供すると主張しています。

CitaDAO(KNIGHT)は、リストを通じてより多くの露出を得るにつれて成長し続ける可能性があります。そのため、特に成長の余地があると考える場合は、今すぐ入手することをお勧めします。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。